ビタクラフトフライパンの人気商品6選◎ 特徴や使い方をチェック!

毎日のお料理に欠かかせないフライパンは、しっかりとしたものを選びたいですよね。数多あるフライパンの中でも、無水調理や無油調理が叶うという「ビタクラフト」をご存知でしょうか。その特徴や使い方にお手入れ方法など、おすすめ6選とご紹介します。

2018年9月27日 更新

ビタクラフトのフライパンはココがすごい!

ビタクラフトとは?

ビタクラフトは、1939年の創業のアメリカのステンレス調理器具メーカーです。「家族の健康は家庭料理で守っていく」という理念のもと、健康調理を提唱する会社で、その社名は「“ビタミン”を逃さない、“クラフト”(=手作り)の鍋」から付けられたと言います。こだわりの製法で生み出される製品は、最高級の調理器具として世界中の家庭で愛されているんです。

ビタクラフトフライパンの特徴

全面多重構造

耐食性があるうえ、熱しにくく冷めにくいステンレスに、熱しやすく熱伝導率が高いアルミを重ねた多重構造が全面に施されています。宇宙工学を応用した特殊技術によるもので、これによって“熱しやすく冷めにくい”フライパンが実現しています。「熱しやすい」「熱伝導性が高い」「保温性」いいとこ尽くしのフライパンなんです。

無水調理

フライパン本体とフタが密着するように設計されていて、熱や水分が逃げにくく、無水調理が可能なのもビタクラフトの特徴です。野菜をゆでると、水溶性のビタミンやミネラルなどの栄養素は水中に流れ出てしまいますが、無水調理でゆでると、栄養素の流出を最小限に抑えられると言われています。

無油調理

一般的にはお肉やお魚を焼く際に油を使いますが、油を使わずとも調理が可能となっています。お肉やお魚などから出る素材の油だけで調理できるので、余分なカロリーやコレステロールをカットすることができるんです。余分な油を使わないので、日頃からダイエットを意識している方や、健康志向の方に高く支持されています。

ビタクラフトフライパンの上手な使い方

※ステンレス製のビタクラフトフライパンをご使用の場合で説明しています。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師/mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう