焦げない、くっつかない、手入れが簡単!おすすめフライパン7選

毎日使うと言っても過言ではない調理器具「フライパン」。高いものを購入しても、食材がくっついたり焦げついたりして使いづらいということありませんか?今回はそんな人たちにおすすめしたい、焦げつかないフライパンをご紹介します♪

2018年8月6日 更新

焦げ付かないフライパンってどんなもの?

お料理をする際、ほぼ毎日使うフライパン。使っているうちに食材がくっついたり、焦げついてくることに悩んでいる人も多いのでは?

そういう人は、ぜひ表面が加工されたフライパンを購入してみることをおすすめします!テフロン加工、チタン加工、ダイヤモンド加工、マーブルコート加工など食材とフライパンとの間で起きるトラブルを防ぐ表面のコーティングには、いくつかの種類があるんです。

5つのコーティング種類

1. テフロン加工

テフロン加工とは、アメリカの化学系複合企業「デュポン社」が登録商標しているフッ素樹脂加工の一種のことを言います。焦げづらく、くっつきにくいのが特徴。ほかの加工のフライパンよりも比較的安価な値段で購入できるので、現在も愛用している人が多いのではないでしょうか?

テフロンは空焚きや高温での調理に不向きで、傷つきやすく剥がれやすい素材と言われています。短い寿命で買い換えることを念頭に置いて、使用、購入する必要があります。

2. チタン加工

チタン加工のコーティングがされたフライパンは、酸や食塩などの耐食性に強く、丈夫だと言われています。また、テフロン素材よりも軽いので、女性でも持ちやすいのが特徴です。

使用の上でのデメリットは、熱伝導性が低く、強火での調理には不向きだということ。ただし、それは同時に保温性に優れているとも言えるので、作ったお料理に熱を通す、温めておきたいというときには便利です。

3. ダイヤモンドコート加工

表面のフッ素樹脂コーティングのなかにダイヤモンド粒子がプラスしてできるダイヤモンドコート。フッ素樹脂にダイヤモンドをプラスしたことで、摩擦に強い加工と言われています。

ダイヤモンドと聞くと高価そうなイメージがありますが、人口のダイヤモンドを使っているのでお値段はそこまで高くありません。

4. マーブルコート加工

マーブルコート加工はダイヤモンドコート加工と同様に、フッ素樹脂にマーブル(大理石)をプラスして吹きかけた加工のことを言います。テフロン加工やほかのフッ素樹脂加工の磨耗や熱に対する耐久性を高めるために生み出されました。

固いマーブルをプラスしているので、頑丈で耐久性に優れたフライパン表面になると言われています。頑丈で長持ち、そしてテフロン加工の持つ使いやすさも合わ持つお得な加工と言えます。

5. セラミック加工

最近、流行りのフライパンといえばセラミック加工のフライパン。セラミック素材でできたフライパンというわけではなく、フライパンの表面にセラミック加工を施したフライパンのことを言います。食材のくっつきにくさ、耐熱性の高さなどが魅力で、磨耗に強く長持ちする加工です。

ひとつ注意なのが、急激に加熱しないこと!セラミック加工のフライパンの耐熱温度はおよそ400度と言われていますが、急激に加熱することで表面のセラミック加工が傷む原因に。使用の際は、ゆっくりと温めるようにしましょう。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう