料理の前にしっかりフライパンを温める

「焼く」「炒める」調理の場合は、調理前にフライパンにフタをして中火にかけて予熱します。少し水滴を垂らし、玉になってコロコロと転がる状態になるまでしっかりと温めましょう。油を使って調理する場合も、同様にしっかりと予熱することが、こびりつかず上手に仕上げるポイントですよ。

火加減は?

無油調理でお肉や野菜などを焼く場合は、フライパンに入れたらすぐには触らず、フタをして弱火にしましょう。そうすることで、素材からじんわりと油が染み出してきます。

ステーキやお魚は、弱火のままひっくり返して両面を焼きましょう。お好みで、最後に中火に上げて表面をカリッと仕上げるのもおすすめです。

焼きそばを作るときは、麺を蒸らすために水を入れてフタをしめたら弱火にします。少ししたらフタを開け、中火に戻してから調理を進めましょう。この作業をすることで、麺をべちゃっとさせず、ほどよく水分が飛ばせます。

使用後のお手入れ

通常のお手入れ

特にむずかしいお手入れを必要としないのも、ビタクラフトのフライパンの魅力です。耐食性があり腐食しにくく、においも移りにくいステンレス製なので、中性洗剤を付けたスポンジで洗うだけでOK。洗浄後はふきんで軽く水気を拭き取るのがおすすめです。

焦げ付いたら

しばらくぬるま湯に浸けてから洗うか、水を張ったフライパンを火にかけ、温めることで焦げを取りやすくなります。フライパンが温かいうちに、専用クレンザーをつけてスポンジでこすり洗いをしましょう。クレンザーが残らないよう、仕上げに中性洗剤で洗い流してください。

ビタクラフトは鉄フライパンも人気

鉄製のフライパンには、サビやすいというネックがあります。しかし、ビタクラフトの「スーパー鉄」シリーズのフライパンはサビに強いんです。船舶や航空機に使われる加工技術を応用して作られているため、サビにくく気軽にお手入れをすることができます。

また、デコボコした表面には油がなじみやすく、炒めものをしたときにはシャキッとした仕上がりに。長く使えて使い勝手も抜群なのが、「スーパー鉄」シリーズの魅力です。

ビタクラフトフライパンの人気商品6選

1. 見せる収納にもおすすめ「オレゴン フライパン」

ITEM

Oregon(オレゴン) フライパン 25.5cm

¥8,659〜

サイズ:外径25.5、深さ5.0cm 重量:1,600g 5層材質:ステンレススティール、1145アルミニウム、3004アルミニウム合金、1145アルミニウム、ステンレススティール

※2021年4月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
鏡面仕上げで見た目も美しいオールステンレスの「Oregon(オレゴン)」モデルです。ハンドルにフック用の穴がついているのもうれしいポイント。大きさも直径25.5cmと、大きすぎずしっかり調理もできる、使い勝手のいいサイズ感です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ