南部鉄器のデメリット

価格が高い

一般的に使われるテフロン加工のフライパンは約2,000〜3,000円ほどですが、南部鉄器は安いもので2,000円前後、高いもので一万円を超えるものなどもあり値段もさまざまです。 値段は少々張りますが、丈夫で長期間使用できメリットも多いので南部鉄器の愛用者が多いようです。

重みがある

フライパンの大きさなどにもよりますが、鉄の素材を使用しているため一般的に使われるフライパンよりずっしりと重みがあります。 女性であれば片手で持つと重く不自由さを感じることがありますが、両手であれば問題なく持てる重さなので安心してくださいね。

南部鉄器の使い方! 購入したらはじめに「焼き込み」と「油ならし」をする

南部鉄器を購入したらまずはじめにやることは、焼き込みと油ならしです。この工程をおこなうことで、フライパンが焦げ付きにくくなり、食材もくっつきにくくなるのでおすすめです。 この作業は、初回のみおこなう作業なので、一度おこなえばその後再度おこなう必要はありません。

「焼き込み」と「油ならし」のやり方

1. フ食器用洗剤とスポンジを使用して洗います。洗い終わったあとは、水気をしっかり拭いてください。 2. そのまま中火でフライパンを火に当てます。あたたまってきたら強火で加熱しフライパン全体を暖めます。 3. 火を当て続けると紺色か黒色から薄い青色の色味になってくるので、色が変化したら焼き込み完了の目安です。 4. フライパンに油を数滴加え、キッチンペーパーもしくはティッシュなどを使用してフライパン全体にムラなく塗り込み、2〜3分ほど加熱する。
▼やり方をもっと詳しく知りたい方はこちら

お手入れ方法

基本のお手入れ方法

初回の焼き込みと油ならしをしてしまえば、特に追加でおこなうことはありませんが、焦げや食材のくっつきやすさが気になってきた場合は、再度油ならしをするのがおすすめです。 面倒に感じますが、慣れてくると数分でできるようになりますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS