6. 小腸

Photo by Snapmart

お肉屋さんで「ホルモン」と頼めば、こちらが出てくることも。ホルモンを代表する小腸は、もつ鍋やホルモン焼、こてっちゃんでも使われる人気の部位です。甘みのある脂が人気で、皮部分の食感もよく、噛むほどに旨みが広がります。

7. 大腸

小腸よりも脂の部分が少なく、肉厚でしっかりとした食感が特徴のホルモンです。しま模様があることから、シマチョウと呼ばれることもあります。ていねいな処理が必要となる部分でもあり、おいしいお店を見極めるポイントとしても注目。

8. テール

テールは、その名のとおり牛のしっぽです。よく動かしている部分なので、筋肉が多くしっかりとした肉質が特徴です。またお肉の味も濃く、だしを取ってスープにする「テールスープ」でもお馴染みですよね。

レア系ホルモンの種類

9. マメ

腎臓をマメと言います。クセのある味わいですが、日本での流通が少なく、見かけた際にはぜひ挑戦していただきたいホルモンです。脂肪が少なく、鉄分やビタミンB2が豊富に含まれます。焼肉のほか、バター焼きやみそ煮、中国では火鍋でいただくことも。

10. ハチノス

牛の4つの胃のうち、第二の胃がこちらのハチノスです。蜂の巣のような網目状のヒダが特徴で、イタリア料理のトリッパなど煮込み料理によく使われます。ほんのりとした甘みのある脂の味わいが楽しめます。

11. センマイ

Photo by Snapmart

4つの胃のうち、第三の胃がこちらのトリッパ。小さな棘のようなものが無数にあるのが特徴で、見た目が苦手だという方も多いかも。ホルモンの中でも脂は少なく、食感を楽しむ部位です。多少においがあるホルモンなので、好き嫌いが分かれることも。
Photos:16枚
タレがかかったいろいろなホルモンの盛り合せ
ハツのタレ焼
ネギと白ごまを振った生のレバー
網で焼かれるミノ
タレに漬け込まれたハラミ
タレがかかった生の小腸
串焼きになった大腸
じっくり煮込まれてやわらかくなったテール
たっぷりのネギを添えたセンマイ
唐辛子が振られたギアラ
きれいなサシが入ったサガリ
オクラやにんじんが添えられたホホニクの赤ワイン煮込み
ハツモトの串焼き
コブクロと上ミノ、ハチノスの盛り合せ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ