観音開きとは何が違う?両開き冷蔵庫のメリット・デメリットとおすすめ5選

冷蔵庫選びで必ず気になるのが開くドアの方向ですよね。もし、両開きで左右どちらからでも開く冷蔵庫なら、置く場所を気にすることがなく、好きなところに置くことができますよね。今回は、両開き冷蔵庫のメリット・デメリット、そしておすすめの商品をご紹介します。

2019年6月11日 更新

両開き冷蔵庫とは

いきなりですが、シャープの冷蔵庫はひと味もふた味も違うんです。右からも左からも開けられる冷蔵庫「どっちもドア」が魅力的。どっちもドアはシャープだけの専売特許。各メーカーにはない機能なんですよ。

大容量の冷蔵庫は、家族の多い方やまとめ買いをする方におすすめ!もちろん少人数の家族にも最適な冷蔵庫もあります。

今回は、両開き冷蔵庫のメリット・デメリットやおすすめ両開き冷蔵庫をご紹介します。

観音開き(フレンチドア)との違い

フレンチドアタイプとどっちもドアどう違うの?と思いますよね。

ほどんどのメーカーで採用されているのが真ん中から左右にドアを開けるフレンチタイプ(観音開き)です。もちろんシャープにもフレンチドアタイプはあるのですが、おすすめのどっちもドアは、一枚のドアで左右どちら側からも開けることができます。

両開き冷蔵庫のメリット・デメリット

メリット

どっちもドアのメリットは、まず便利なこと!左右どちらからでも開けられるので狭いキッチンでも気にせず開けることができます。置く場所を選ぶことがありません。

片側だけ、左右に開くフレンチドアタイプだと、冷蔵庫を置く場所が限定されます。左右どちらかでも開くどっちもドアは置く場所を選びません。

冷凍庫の中の冷凍ケースを自由に仕切ることが可能となっています。つまみを操作し仕切りを好きにカスタムできるのはうれしいポイントです。

デメリット

シャープしか特許を持っていないので、選択肢もシャープ一択になってしまうのもある意味デメリットではないでしょうか。また、左右どちらでも開けられると、一瞬、食材をどこに置いたか分からなくなるという声も聞きました。

左右切り替えなのでやむをえないのかもしれませんが、棚ポケットにたくさん食品が入っているとドアが重くなります。半ドアにならないよう注意が必要です。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

emi_

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう