こんなパンケーキ初めて!成城石井「クランペット」は穴にヒミツあり

イギリスで愛されるパンケーキ「クランペット」。つぶつぶと穴の空いた形状で、自宅で作るのは少しむずかしいのですが……なんと成城石井で手に入れられます!パッケージもかわいく、パンコーナーでひときわ目立っていましたよ。今回は筆者が実食レポートします。

2019年4月14日 更新

イギリス風パンケーキ「クランペット」

パンケーキとコーヒーの朝食

Photo by akiharahetta

あまり聞き慣れない名前「クランペット」。イギリスで愛されているパンケーキなのですが、なんと見た目は穴だらけ!実はこれ、イーストを使った生地を発酵させてから焼くためにできた気泡の跡。なんでも、そのもっちり感は普通のパンケーキとは一線を画すそう……。

今回は成城石井で見つけたので、さっそく購入してきました!

成城石井の新商品「クランペット」

袋入りのイギリス風パンケーキクランペット

Photo by akiharahetta

成城石井直輸入「クランペット」350円(税抜)

成城石井の新商品「クランペット」は、イギリス直輸入。あらためて見ても、とてもユニークな生地ですよね。こんなパンケーキはなかなかお目にかかれません。パッケージもおしゃれでなんだかウキウキしてきます。

4枚入りでけっこうボリュームあり!

紫色の皿に出したパンケーキ

Photo by akiharahetta

開封してお皿に並べてみました。生地表面の凹凸がより分かりやすくなりましたよね。手に持つと意外と重さもあります。しっかりとした弾力があり、モチモチでしっとりとしたパンケーキです。

ひっくり返してみると…

紫色の皿に出したパンケーキ

Photo by akiharahetta

裏面はこんな感じでこんがりといい色をしています。とてもおいしそう!まるで分厚いホットケーキを片面だけ焼いたような感じですね。

大きさは、直径約8.5cmで厚みが約2cmほど。ちょうどイングリッシュマフィンと同じくらいのサイズです。

トースターでリベイクしていただきます!

スキレットとパンケーキ

Photo by akiharahetta

まずは温める前に香りの確認です。サワー種のような爽やかな酸味……原材料を見ると食酢が含まれていました。

表面に軽く霧吹きで水分を与え、オーブントースターでいざリベイク。焼いたら酸味が飛ぶと思ったのですが割と残りました。そして食べるとわかるのですが、これがおいしさの引き立て役になっているのです。

バターとはちみつをたらり

スキレットとパンケーキ

Photo by akiharahetta

イギリスでは、バターとはちみつと一緒にいただくのがポピュラーとのことなので、まずはこの組み合わせで基本の味を試します。はちみつをトロリとたっぷりかけてみました。するとここで驚きの発見が…!

なるほど!生地の穴に……

パンケーキにシロップをかけているところ

Photo by akiharahetta

はちみつが穴の中に入っていくんです。かけているそばからどんどん穴の中に消えていきます。そして生地の中まではちみつがしみしみになるんです。

これには感動~!よくできていますよね。このために片面焼きにして気泡の形をそのまま残しているんですね。
スキレットとパンケーキ

Photo by akiharahetta

無添加生地のため味がクリアで、小麦粉の純粋なおいしさを楽しめました。弾力のある歯ごたえも、しみしみ食感もとてもよかったです。油分ナシの生地なのでバターがよく合います。ぜひ添えてみて♪

見た目は個性的ですが、味にクセはなく子供も大人もみんなおいしく食べられるパンケーキですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS