カクテル言葉は「あなたを救う」。カミカゼの作り方やおいしい飲み方

ウォッカベースのカミカゼというカクテルはご存知ですか?今回はキリっと鋭い口当たりの「カミカゼ」について、配合や名前の由来、カミカゼを引き立てるおつまみのレシピなどを詳しくご紹介していきます。カミカゼが気になる方は、ぜひどうぞ!

2019年12月27日 更新

材料・用意するもの

・ウォッカ……4cc ・ホワイトキュラソー(コアントローやトリプルセックなど)……1cc ・ライム果汁(市販の無糖タイプでもOK)……1cc ・メジャーカップ ・カクテルシェーカー ・氷 ・ロックグラス(またはオールドファッションド・グラス)

作り方

1. メジャーカップでウォッカ、ホワイトキュラソー、ライム果汁を2ccずつはかり、カクテルシェーカーに注ぎます。軽くふったら氷を加え、しっかりとシェイクしましょう。 2. ロックグラスにカミカゼを入れたら、大きめの氷を加え、スライスしたライムを添えたらできあがりです。氷をカミカゼを注いだあとから入れるのは、氷が急速に溶けて薄まらないようにするためです。

作るときのコツ

カミカゼをおいしく作るには、きちんとメジャーカップではかることが大切です。シェイクするときはリズムカルに、10回以上はふってください。氷は市販のロック氷を使うと、ゆっくりと溶けるのですぐに薄まらずにおいしさが長持ちします。

カミカゼをもっとおいしく飲もう!

飲みやすい割合

お酒はあまり強くないけどカミカゼを飲んでみたい、という方はウォッカの割合を減らすと飲みやすいですよ。ウォッカとホワイトキュラソー、ライム果汁を同じ割合でシェイクします。1杯分なら、ウォッカ20cc、ホワイトキュラソー20cc、ライム果汁20ccです。

ライムをしぼる

カミカゼをおいしく作るには、できればフレッシュライムを用意してしぼりたてを使うのがおすすめです。ライムが手に入らず市販のライム果汁を使う場合には、砂糖が入っていないものを選ぶとよいでしょう。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS