カクテル言葉は「あなたを救う」。カミカゼの作り方やおいしい飲み方

ウォッカベースのカミカゼというカクテルはご存知ですか?今回はキリっと鋭い口当たりの「カミカゼ」について、配合や名前の由来、カミカゼを引き立てるおつまみのレシピなどを詳しくご紹介していきます。カミカゼが気になる方は、ぜひどうぞ!

2019年4月25日 更新

カクテル「カミカゼ」とは?

カミカゼってどんなカクテル?

カミカゼはウォッカをベースにした、中辛でストロングな味わいのカクテルです。ウォッカのシャープな味をベースに、ホワイトキュラソーのほんのりとした苦みとライムのさわやかな香りをプラスしてあります。

キリっとシャープな大人の味。甘いカクテルが苦手な方におすすめです。

カミカゼのアルコール度数は?

アルコール度数40℃以上というウォッカに、30~40℃のホワイトキュラソーを加えたカミカゼは、ご想像の通りアルコール度数が強め。ライムや氷でアルコール度数が薄まるとはいえ、25℃以上はあります。お酒が弱い方は、気を付けなければならないカクテルです。

カミカゼの名前の由来は?

名前の由来

カミカゼは日本語ですが、実はアメリカ人が考案したカクテルです。口当たりの鋭さから、第二次大戦における日本軍の特別攻撃隊「神風特攻隊」をイメージして名づけられました。神風は日本書紀に由来する言葉で、神による敵を打ち倒すほど強い風のこと。

ちなみに発祥地は、アメリカとも横須賀海軍基地とも言われています。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう