ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

カルディの「花椒塩」がシビ辛ブームを後押し!

Photo by muccinpurin

アジアの珍しい調味料の品ぞろえがピカイチなカルディ。そんな豊富なラインナップから今回ご紹介するのが「花椒塩(かしょうえん)」です。 昨今のシビ辛ブームで、あらためて注目されている花椒をたっぷりと使った花椒塩。シビ辛の魅力に取りつかれた筆者が、その味とアレンジレシピをご紹介します。

そもそも「花椒」とは…?

花椒(かしょう)は、中国語読みのホワジャンとよばれることもあり、ミカン科サンショウ属の植物の実のことを指します。主な産地は四川省、河北省、河南省などで、2~3ミリほどの粒を乾燥させてから粉砕してスパイスとして使用します。見た目はしわが寄ったピンクペッパーのようですね。 うなぎにかける山椒とは香りも痺れる感覚も異なり、わかりやすいところでは四川風麻婆の味の決め手として使われています。 独特の香りと刺激的な味わいが、一度食べるとやみつきになるスパイスです。

ひと振りで痺れる!インパクト絶大な「花椒塩」

Photo by muccinpurin

「花椒塩」248円(税込)
まず驚いたのは、その香り。蓋を開けた途端、刺激的な香りが鼻を突きます。 刺激は強めですが、ずっと嗅いでいたくなるいい香り……。ご飯が進みそうな、食欲を刺激する香りです。ただ、急ににおいを嗅ぐとくしゃみが出そうになるのでご注意を。 花椒塩自体は、味塩こしょうを濃い目にした感じでしょうか。塩の粒子も相当細かくなっていて、胡椒や花椒となじんでサラッとしています。
舐めた瞬間、舌先にするどい痺れを感じます。ジリジリとくる花椒独特のしびれ、かなり強めです。そのあとから胡椒のほのかな香りと、塩気が追いかけてくるイメージ。 胡椒もそこそこ刺激があるスパイスの部類に入りますが、胡椒の香りと風味をやさしいと感じてしまうほど、花椒のインパクトが強い。 においを嗅いでいるうちに、食欲が刺激されてお腹が空いてきました。さっそく花椒を使ったレシピをご紹介します。

揚げたてのから揚げとベストマッチ!

まずは相性がいいと噂のから揚げで試食。揚げたてのから揚げに花椒塩をちょんちょんとつけて……。 シンプルな味わいのから揚げが、花椒塩で一気にスパイシーに変身しました。鶏肉のジューシーな味わいに、花椒の風味がよく合います。これはお酒も進むし、ごはんのおかずとしても150点です。 花椒塩は塩分が含まれているので、つけるのはごく少量で充分。あまりつけすぎるとしょっぱくなるので注意してくださいね。

いつものスープにひと振り…♪

もっと手軽に楽しみたいなら、みそ汁やスープにひと振りしてみてください。 温かいスープに花椒塩を振り入れると、湯気にのって花椒のいい香りが漂います♪ 寒い時期に身体のなかからポカポカ温まるような、即席花椒スープの完成です。

その刺激を知ったら後戻りできない…!

から揚げやスープだけでなく、炒め物や餃子のたねにプラスしてもおいしそうなカルディの「花椒塩」。 シビ辛好きもそうでない方も、料理にひと振りするだけで手軽に使えるので、刺激が欲しくなったらぜひ試してほしい調味料です。一度試すと、引き返せない魅力が詰まっていますよ。

商品情報

■商品名:ユウキ カショウエン(花椒塩) ■価格:248円(税込) ■内容量:40g
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS