今年の汚れをすっきり落とす。家中の汚れはオキシクリーンにおまかせ!

SNSでもすでに話題の「オキシクリーン」を使ったお掃除のご紹介です。特にシンクやバスタブに漬け置き洗いをする「オキシ漬け」は、ラクして家中のものをきれいにできる便利な方法。実際に筆者の家でいろいろなものを漬け込みながら、くわしくお伝えいたします♪

2019年3月5日 更新

3. 魚焼きグリルや五徳の焦げつきに

Photo by akiyon

オキシクリーンは、フライパンや五徳などの焦げ付きもすっきりと剥がすことができます。今回は魚焼きグリルのパーツをオキシ漬け。 使うたびにざっくり洗ってはいるものの、隅の方には焦げ付きが残りべたべたした箇所も。クレンザーでこすっても落ちなかった部分がどれだけきれいになるか、期待も高まります。

Photo by akiyon

こちらがオキシ漬けをした後の状態です。すすぎ洗いの際に少しスポンジでこすりましたが、なかなか取れなかった焦げつき汚れもすっきり! まだ若干気になる汚れも残りますが、定期的にオキシ漬けをすることによってもっと細部までピカピカに仕上げたいと思います♪

4. ふきんの染みや匂いに

Photo by akiyon

オキシクリーンはもともと衣類用の漂白剤なので、布についた染みや匂いを取るのはお手のもの。除菌・漂白作用で、キッチンのふきんなどを清潔に洗い上げることができます。 塩素系と違って、色のついたものでも大丈夫。今回は手軽にボウルに少量のオキシ液を作って漬け込みをしました。

Photo by akiyon

漬け込んで30分後にチェックしてみると、すでにこのとおり染みが消えていました。気になる匂いもなくなり、清潔感いっぱい! クロス類は頻繁にオキシ漬けをして、毎日気持ちよく使いたいですよね♪

5. 洗面所・お風呂まわりにも

Photo by akiyon

「オキシ漬け」は、バケツやボウルなど水を溜められるところならどこでも可能。洗面所のシンクは、歯ブラシやコップなどの洗面所まわりのものや、お風呂場で使うアイテムも一緒に漬けることができるので、ぜひ利用したいところ。 気になる汚れがついたものをどんどん投入して、清潔に洗い上げましょう!

Photo by akiyon

洗面台に張ったオキシ液は、布に含ませて鏡や棚などの拭き掃除に使うこともできます。小物をオキシ漬けしている間に周辺を拭けば、ピカピカの洗面スペースのできあがり♪ オキシクリーンはこうして家中のあらゆる場所で使える、優秀なアイテムです。時間さえあればだれでも簡単に始められるので、ぜひトライしてみてくださいね♪

通販でも購入できます

ITEM

オキシクリーン

容量:4.98kg

¥2,998〜 ※2019年12月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
オキシクリーンは「コストコ」で販売されているほか、通販でも購入できます。アメリカ製や日本製のもののほか、洗濯用の液状やジェル状の洗剤もあります。 筆者が持っているのは、染みや泥汚れを落とす「オキシクリーン マックスフォース」という液状のスプレータイプの洗剤。ちょっとだけ染み抜きをしたいときなどに便利ですよ♪ ▼購入はこちら

とにかく便利なオキシクリーン

Photo by akiyon

オキシクリーンを使ったお掃除は、家の中の細かいパーツから家具、外のタイルやベランダにまで使える便利なアイテムです。ぜひ容量が多いものを購入して、どんどん使ってみてください。これまで億劫だったお掃除が気軽にできるようになって、家事が上達した気分になれますよ。 アメリカ製のオキシクリーンは紙のボックスに入っているので、密閉できる容器に移し替えると便利です♪
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますのであらかじめご了承ください。
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS