ライター : yururira

白黒グレーのモノトーンを中心に1階はシンプルモダン、2階は北欧・海外インテリア風を目指しています☆ブログでは家づくりからインテリア・収納・家具やラベルのDIYなどを紹介しています…もっとみる

ダイソーの「オキシウォッシュ」

Photo by yururira

108円(税込)
大人気の100円ショップ「ダイソー」で販売されている「オキシウォッシュ」。色柄物の衣類にも安心の酸素系漂白剤で、食べこぼしや汗ジミなどの頑固な汚れを落としてくれる商品です。内容量は120gで、初めてでも試しやすいサイズですね!

Photo by yururira

中はサラサラとした白色の粉タイプです。

実際に使ってみました!

1. シンクで「オキシ漬け」

Photo by yururira

まずは定番のキッチンシンクを使って「オキシ漬け」をしてみました。黒カビやヌメリが発生した水切りラックと排水溝のフタ、焦げ付いたフライパンがどこまできれいになるのでしょうか……?

Photo by yururira

シンクに余裕があったので、くすんでしまったステンレス鍋も入れてみることにしました。

Photo by yururira

20分漬けてみました。シンクで「オキシ漬け」をするのに、排水溝の受け皿をレジ袋で覆って栓をしました。

Photo by yururira

40度くらいのぬるま湯に「オキシウォッシュ」をよく溶かし、フライパンなどを入れ、20分ほど放置してみました。作業の際はゴム手袋を着用してくださいね。

Photo by yururira

水切りラックは手でこするだけで、黒カビもヌメリもすっきり落ちました! 排水溝のフタはブラシが届かなかった隅の方まで汚れが落ちて感激です。 フライパンは完璧にとまではいきませんでしたが、だいぶきれいになりました。メラミンスポンジで擦るともっと落ちると思います。

Photo by yururira

くすんでしまっていたステンレス鍋もこの通り! 筆者が写りこんでしまうほどピカピカになりました。

2. 洗濯槽を洗ってみました

Photo by yururira

一見きれいに見える洗濯槽も実はとても汚いのだとか……。

Photo by yururira

バケツにぬるま湯と「オキシウォッシュ」を溶かした溶液を作り、それを洗濯槽に流し込み、2~3分洗濯機を回します。その後3時間放置してみました。

Photo by yururira

3時間後に洗濯槽を開けてみると、汚れた水が……!こんなに汚れていたのかとびっくりしました。

3. 靴を洗ってみました

Photo by yururira

お見せするのも恥ずかしいくらい汚れた白いスニーカーは、どこまできれいになるのでしょうか。

Photo by yururira

バケツにぬるま湯と「オキシウォッシュ」を溶かし、スニーカーを入れて1時間放置しました。

Photo by yururira

1時間放置後、軽くシューズブラシでこすっただけで、ここまで白さが戻りました……!特にひもは、新品のように白くなりました。

試しやすい「オキシウォッシュ」を要チェック!

Photo by yururira

衣類の洗濯、キッチン掃除、トイレやバス掃除など家中どこでも使える「オキシウォッシュ」。お掃除が苦手な方も、あまりの効果と手軽さにお掃除中毒になってしまうかも……? 梅雨入り前に、ダイソーの「オキシウォッシュ」で家中ピカピカにしませんか。ぜひダイソー店内で商品をチェックしてみてくださいね♪
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので予めご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ