メラミンスポンジの使い方と注意点!使ってはいけないNGな場所も

お掃除の友として使っている人も多い、メラミンスポンジ。水を含ませてこするだけで、しつこい油汚れやこげつきを取り除くことができる画期的なスポンジ!今回は万能お掃除道具・メラミンスポンジについてまとめました。

万能お掃除道具!メラミンスポンジとは?

メラミンスポンジというスポンジをご存知ですか?メラミン樹脂の発泡成形で作られるスポンジで、メラミンフォームと呼ばれることもあります。

高い研磨性が魅力で、雑巾掛けや洗うだけでは落ちなかったしつこい汚れを掃除するのに使えるアイテム。水や洗剤を使わなくていいので、しつこい汚れを落とす際に使う大量の洗剤や水にかかるコストを削減できるのも優れた特長のひとつです。

メラミンスポンジ3つの魅力

1. 洗剤いらず

メラミンスポンジの一番の魅力は、洗剤いらずでしつこい汚れを落とせること!メラミンスポンジはメラミン樹脂をミクロで発泡させた硬度の高い、しっかりとした骨格形成がされた素材です。

密集した細かい無数の網目で、どんなしつこい汚れもかんたんに掻きとることができる素材なんです。掃除にまつわる洗剤の使用量がぐんと減るので、コスパのいい掃除アイテムと言えますね♪

2. 替え時がわかりやすい

メラミンスポンジは研磨性に優れたアイテム。使うほどに削れて小さくなったり、薄くなりします。これが標準としての替えどき!小さくなったり、薄くなったメラミンスポンジは小さくて細いスペースなどに活用すると無駄なく使えます。

使えば使うほど量が減ってくるので、使いづらくなってきたら替えどきというようにシンプルに判断できるのがいいですね。

3. 好きな形に加工できる

メラミンスポンジは厚さや大きさのバリエーション豊かなアイテムです。サイコロ状に切って売られているもの、四角く大きなもの、持ち手やフックがついたスポンジタイプなど形はいろいろとあります。

特長的なのは、自分が欲しいサイズや形に切って使えること。大きなサイズを買って、使う分だけ切るとコスパもよさそうですね。

メラミンスポンジを使うときの注意点

事前に水をたっぷり含ませる

メラミンスポンジを使うときには、必ずたっぷりの水を含ませてから使うようにしましょう。そうすることでスポンジの表面に薄い水の膜ができ、適度にスポンジを滑らせながら掃除することができます。

また、汚れを削る際の削りカスも出づらくなり、使い勝手がよくなります。

手袋をする

汚れを研磨することで取り除く、メラミンスポンジ。研磨剤のような働きがあるので、扱う場合には必ずゴム手袋などで手を守り使用するようにしましょう。素手でメラミンスポンジを使用すると、肌荒れの原因になることがあります。

ときどき、自分に落書きしてしまった子供の肌へやホワイトニング効果を見込んで自らの歯にメラニンスポンジを使う人がいますが、人体への使用、口の中に入れることは健康を害するおこないですのでしないようにしましょう。

熱湯消毒や漂白はしない

メラミンスポンジを構成するメラミン樹脂は、熱湯に強いというわけではありません。100度以上の熱処理はスポンジの寿命を縮める原因に。漂白剤も同じく、メラミン樹脂が削れてしまいスポンジ本来の働きが制限されてしまうことにつながります。

スポンジについた汚れが取れない、というときは煮沸や漂白をするのではなく、新しいものを使うようにしましょう。

ココは洗わないで!メラミンスポンジを使ってはいけない場所

コーティングされたもの

フローリングや樹脂加工されたトイレやお風呂場、車の外装などコーティングされている場所や部分には使わないようにしましょう。また、鏡を拭くことはできますが、曇り止め加工をされている鏡への使用は避けましょう。普段からヤスリやたわしを使うことで傷がついてしまう箇所には使わないことがベターです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう