2. ラップで成形する

Photo by koku_koku

ラップにお好みの量を取り分けて中心に割りばしを入れ、ごはんを包むように成形していきます。表面を焼いていくのでできるだけ薄く成形するのがおすすめ。

仕上げ

1. フライパンに油をひいて焼く

Photo by koku_koku

油をしいて、表面を硬くなるまで焼いていきます。

2. 表面が硬くなったら味噌を両面に塗る

Photo by koku_koku

両面が硬くなったら、へらを使ってくるみ味噌を両面に塗っていきます。砂糖がたくさん入っているので非常に焦げやすくなっています。両面1分ほど加熱したら転がしながら焦げないように加熱を進めて完成です。

作るときのコツ

1. ご飯はやわらかめに炊くのがおすすめ

上手に成形するためには、ご飯をやわらかくするのがおすすめ。ごはんをすりこぎでつぶすときは、先端に水でぬらして力強くつぶしていきましょう。

2. 割りばしを使った時はグリルなどはNG

郷土料理としての五平餅は、割りばしなどで団子を包んでいきます。ご自宅で作る際は直火調理となるグリルはとっても危険!割りばしが燃えてしまうのでグリルを使う場合は割りばしを使わず、団子のみを焼いていきましょう。

簡単レシピも!五平餅の人気アレンジ2選

1. トースターで作る五平餅

小さなプチサイズの五平餅は、小さいお子さんのおやつや夜食や軽食にぴったり。割りばしを使わず、成形のみで仕上げるのでトースターで簡単に焼き上げることができます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ