ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

業務スーパーで買うべきひと品!

Photo by muccinpurin

業務スーパーの数ある冷凍食品のなかでもファンが多い「鶏屋さんのチキンカツ」。すでにパン粉が付いたチキンカツは、揚げるだけの簡単調理で済むのが魅力です!しかも安心の国産鶏使用。 1kgで449円と破格の安さは「もはや生の鶏肉を買うよりも安いのでは……」と思うほど、お財布にやさしい価格設定です。

生パン粉でサクサク!「鶏屋さんのチキンカツ」

Photo by muccinpurin

449円(税込)
生パン粉を使ったチキンカツは、冷凍のまま揚げるだけのお手軽仕様。夕飯のひと品にもお弁当のおかずにも、さまざまな食事のシーンで活躍してくれますよ。 自慢の生パン粉は比較的細かめ。カツ自体の形は不ぞろいですが、それはそれで手作り感が出るので好印象です。

Photo by muccinpurin

コストの関係で輸入食材が多いなか、国産鶏を使っているのが人気の理由ではないでしょうか。やはり国内で育った鶏肉を国内で加工しているので、安心して食べられます。 170度に熱した油で、凍ったままのカツを5分ほど揚げれば、すぐにサクサクのチキンカツができるというすぐれもの。指を卵や粉まみれにしながら、衣をつける手間もいらないんです。これはうれしいですよね! ポイントは凍ったまま揚げること。少しでも溶けると油がバチバチはねますのでご注意を!

この衣、サックサク!

Photo by muccinpurin

実は、揚げながら堪えられずつまみ食いしてしまいました……。そのくらい魅力的なこんがりとした衣の加減だったんです。 生パン粉は、揚げるとサックサク!乾燥したパン粉と違い、生の分もともとあった水分が揚げることで、サクッとした食感を生み出すんです。

Photo by muccinpurin

サクッとした衣のなかにはジューシーなチキンが。しかもミンチにされていない、まさに鶏肉そのもの!なので弾力があって食べ応え抜群です。 さっぱりと適度に身が締まった鶏むね肉は、衣に包まれてやわらか。レモンを絞ってさっぱりと味わうもよし、ケチャップをたっぷりつけておつまみ的に味わうもよしですね。

シンプルだから、アレンジしやすい!

パンとの黄金コンビ「チキンカツドッグ」

Photo by muccinpurin

揚げたてを千切りキャベツとともにパンにサンドして、ケチャップとマスタードをたっぷりとかけてみました。ソーセージで作るホットドッグもいいですが、カツならいつもと違うサクサクジューシーサンドが味わえますよ。 お好みでウスターソースやタルタルソースに変えるなど、味のアレンジも無限大。こんなお弁当ならランチの時間が楽しみになりますね♪

ごはんが止まらない!「ソースカツ丼」

Photo by muccinpurin

カツ料理の定番、ソースカツ丼をチキンカツで。小ぶりなのでカットする必要がなく、鶏肉なのでヘルシーです! 途中からお茶をかけて"チキンカツ茶漬け"にして食べましたが、さらさらとしてごはんが止まりませんでした。

ひと袋で大満足!

Photo by muccinpurin

国産鶏の食べ応え抜群チキンカツは、シンプルなのでアレンジが次々浮かぶアイテムでした。 梅肉のドレッシングをかけてさっぱりと仕上げたり、マヨネーズをかけたり……。これは1kgなんてすぐ食べきってしまいそうな予感です!

商品情報

■商品名:鶏屋さんのチキンカツ ■価格:449円 ■原産国:日本 ■内容量:1kg ■カロリー:100gあたり198kcal
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS