ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

業務スーパーにキャビア…!?

Photo by muccinpurin

大容量でお得な食材が豊富な「業務スーパー」で、見慣れないものを発見。なんとパッケージには「キャビア」と書いてあるじゃないですか! ここはフランスでもなければ、高級食材店でもない……。業務スーパーの冷蔵品コーナーのチーズやバターに並んでさりげなく売られていたキャビア。 これは気になる、ということでさっそく買い物かごに。

本物のキャビア…じゃない?

Photo by muccinpurin

213円(税込)
ずっしりと重いジャム瓶ほどのサイズで213円(税込)の価格ですから、本物じゃないのは薄々気づいていたんです。夏に旅行したパリのスーパーでも、このサイズなら数千円はしていました……。 パッケージをよく見ると「カペリンキャビア」「樺太ししゃもの卵使用」との記載が。"カペリン"は樺太ししゃもの英語名で、スーパーでよくみかけるししゃもは実はこの樺太ししゃもなんです。 本物のししゃもは生息数が少なく希少で、代わりにこの樺太ししゃもがししゃもとしてスーパーに並んでいます。キャビア自体も本物ではなくて、それを作っているのも本物ではないししゃも……ちょっとややこしいですが、見た目のキャビアっぽさは本物です!

Photo by muccinpurin

これだけたくさんあるんだから、アレンジする前にひとさじ味見をしましょう♪ ほんのり塩気があり、海の香りがします。口の中でプチっと弾ける楽しい食感!粒自体はキャビアよりずっと小ぶりです。確かに、ししゃもの卵といわれると、サイズ感にも納得です。

キャビアがあればいつもの食卓もブルジョワに!

1. かけ放題!「キャビアごはん」

Photo by muccinpurin

これはフランス人もびっくりの「キャビアのせごはん」。食卓にキャビアの瓶を置いて、かけ放題にするなんて贅沢な食べ方、きっと本場でもできないでしょう! ほどよい塩気がホカホカのごはんと相性バッチリで、これはごはんが進みます。卵かけごはんにプラスキャビアでも濃厚リッチな味わいが楽しめそうですね。

2. トーストにオン!「キャビアピザトースト」

Photo by muccinpurin

いつものチーズトーストに、キャビアをオン!生ハムとバジルもトッピングしたら、こんなにリッチなトーストが完成しました。 のせるだけなのに、想像を遥かに越える高級感。生ハムとキャビアのコラボも最高です。

3. 贅沢食材全部のせ!「メレンゲキャビアラーメン」

Photo by muccinpurin

カルディで販売されている「ポルチーニラーメン」にメレンゲと生ハム、卵黄をのせたらたっぷりのキャビアをトッピング! 主役級の食材ばかりに見えますが、案外しっくりとまとまるのが不思議なんですよね……。メレンゲとキャビアを麺にたっぷりと絡めて召し上がれ♪

パーティでも話題をさらうこと間違いなし!

Photo by muccinpurin

正直味はキャビアとは少し違うんですが……見た目は粒が小さくかわいらしいキャビアそのもの。 カナッペや冷製パスタにちょこんと添えれば、パーティーで話題をさらうこと間違いなしですね!瓶もおしゃれなのでそのままテーブルに置いてディップし放題なんていいかも。 ひと瓶200円ほどなので、試してみる価値ありですよ!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS