ライター : wasante

2歳児をはじめとする、3児のママです。パクチーとココナッツとナンプラが大好きです♪

最新調理家電がすごい!

調理家電は一度買ったら何年も使うものなので、新製品をこまめにチェックしている方は少ないかもしれません。でも、最近の調理家電は驚くほど進化しているんですよ! 土鍋で本格的に炊いたようなご飯を再現できる炊飯器や、スチームでふっくらと焼き上げるトースター、全自動で煮る、焼く、炒めるができる器具など。見ればきっと欲しくなってしまう調理家電が続々登場しています。

最新!ほったらかしできる調理家電6選

1. ごはんもおかずもほったらかしで!「レコルト ヘルシーコトコト」

ITEM

レコルト ヘルシーコトコト

本体サイズ:幅22×高さ20×奥行18.4cm

¥7,020〜 ※2018年11月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「レコルト 電気鍋ヘルシーコトコト」は、湯せんとスチームの力を利用して、蒸す、炊く、煮込む作業を2品同時におこなえる調理器具です。ごはんとおかずを同時に作りたいひとり暮らしの方にも、メインのおかずとスープなどの副菜をまとめて調理したい2~4人家族のご家庭にも便利♪

2. 本格料理もほったらかしで!「シロカ 電気圧力鍋」

ITEM

シロカ 電気圧力鍋

本体サイズ:幅22×高さ24.9×奥行23.8cm

¥17,064〜 ※2018年10月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

圧力調理だけでなく、無水調理や蒸し調理、スロー調理、炊飯、温め直しの6役をこなす「シロカ 電気圧力鍋」。タイマーや自動保温機能もあるので、家族の食事の時間がバラバラなご家庭にも重宝しますよ。8種類のプリセットメニューもあるので、初めて使う方でも簡単ですよ。

3. 離乳食やスープもほったらかしで!「ブレッツァ フードメーカー」

ITEM

ブレッツァ フードメーカー

本体サイズ:横15×奥行27×高さ19cm

¥19,440〜 ※2018年10月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「ブレッツァ フードメーカー」は、従来のきざむ、つぶすといった調理のほかに、蒸す機能まで付いたミキサーです。タンクに水を入れ、カットした食材を入れたら自動で離乳食やお粥、スープ、スムージーを作ってくれます。赤ちゃんやお年寄りの食事を簡単に作れるのが魅力!

4. お手頃価格のほったらかし器具!「ツインバード スロークッカー」

ITEM

ツインバード スロークッカー

本体サイズ:幅28.5×奥行23.5×高さ28.5cm

¥2,916〜 ※2018年10月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「スロークッカー」というのは、電気ヒーターで陶器の鍋を加熱して調理する器具です。コンロの火力でいう弱火からとろ火でじっくりと火を通すので、「2日間かけて煮込んだ」ようなおいしさのシチューや煮込みなどを作れます!鍋の焦げ付きや、具材が煮崩れる心配もありません♪

5. 朝セットすれば夕食準備完了!「シャープ ヘルシオ ホットクック」

ITEM

シャープ ヘルシオ ホットクック

本体サイズ:幅36.4×奥行28.3×高さ23.2cm

¥33,980 ※2018年10月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

「シャープ ヘルシオ ホットクック」は、火加減もかきまぜも全自動でおこなえる電気調理器具です。朝にカットした食材と調味料をセットしたら、ほったらかしで夕食ができちゃいます! 調理鍋にはふたが付いているので、残ってしまった料理をそのまま冷蔵庫で保存できるのも便利。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS