超音波振動で汚れを落とす!ソニックソークを実際に使ってみた。

超音波振動で汚れを洗浄するSonic Soak(ソニックソーク)。コンパクトサイズの家電で置く場所を選ばず、服に飛んだ調味料のシミ汚れ、野菜の洗浄、アクセサリーなどをきれいにしたりと、使い方はさまざま!実際に編集部で取り寄せて使用してみましたよ。

2019年2月28日 更新

超音波で汚れを落とす!? Sonic Soak(ソニックソーク)

ソニックソーク

Photo by macaroni

超音波で汚れを落とす、画期的な家電Sonic Soak(ソニックソーク)をご存知ですか?50,000回/秒の超音波振動が水の中で超微細な泡を作り、汚れをやさしくしっかり落とします。

クラウドファウンディングサイト「Makuake」で、2018年当時、過去最高の資金調達に成功し、注目を浴びました。

115gと軽量で、どこへでも持ち運び可能!専用の布袋も付いていますよ。

スタイリッシュなデザインで置く場所を選ばず、容器ひとつあれば、とっさの汚れに対応してくれます。

特徴

洗濯機では洗いづらい、デリケートな洋服や傷みやすい洋服にも使えるのがメリット。やさしく洗えることで、大事な洋服をいつまでもきれいな状態で着用できますよ。

ちょっとした汚れに便利に使うことができるので、食事中にソースが飛んでしまった……!なんていう汚れは、ソニックソークにおまかせを。

また、水や電気代を大幅にカットできるのもうれしいポイント。一般的な洗濯機の1/15の消費電力・1/40の水で洗浄ができます。

使用例

普段料理をする際に、野菜や果物の農薬が気になって、無農薬の野菜を取り寄せているという方、きっといるでしょう。農薬が気になるという人も、このソニックソークで汚れを洗浄できます。

また、赤ちゃんの哺乳瓶の洗浄など、洗いづらい商品にもおすすめ。眼鏡や指輪、ネックレスなどのアクセサリーを洗浄するのもぴったりです。振動から生まれる細かい泡で、微細な汚れまでアタックして落としますよ。

ソニックソークの使い方

1. ボウルにトランスデューサーと洋服をセットする

ボウルにセットしたトランスデューサー

Photo by macaroni

洗面容器やボウルに水を入れて、超音波トランスデューサーを置きます。

容器はご家庭にあるものでOK。バケツなど、水を貯めておければ何でも大丈夫です。
シミがついたTシャツを浸す

Photo by macaroni

汚れのついたTシャツを浸します。
洗剤を入れる

Photo by macaroni

洗剤を入れます。

2. 電源をセットする

コントローラーをコンセントにさす

Photo by macaroni

ここで、コントローラーをコンセントにセットします。
コントローラーのボタンを押して設定する

Photo by macaroni

コンセントにセットすると、デフォルトで「120」と表示されます。そのままONを押すと120秒間、洗浄が始まります。

長めに洗浄したい場合は、SETボタンをポチポチ押していくと、表示が切り替わり「360」「720」「900」秒と時間設定ができます。お好きな時間にセットして、洗浄スタート!
時間の途中で洗浄をストップしたい場合は、OFFボタンを押せば振動が止まります。洗浄が終わったら、すすいで、乾かしましょう!

いろんな汚れで試してみた!

さっそく、いろんなシミ汚れで洗浄を試してみました。気になる汚れの落ち具合はどうでしょうか。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう