2. 地区によって香味に特徴がある

スコッチウィスキーは、大きく6つの生産地区に分けることができます。6大生産地と呼ばれ、地区によって気候や自然環境が異なり、それが味に影響しています。違うウィスキーでも地区ごとに味や香りが似ていることがあるので、おいしいと思ったウィスキーと同じ地区のウィスキーを試してみるといいですよ。

スペイサイド

華やかな香味が特徴で、ウィスキーの入門としてもおすすめです。
代表銘柄:グレンリベット・マッカランなど

ハイランド

土地が広すぎるため、いろいろな香味のウィスキーがあるのが特徴。柑橘系で飲みやすいのものから、スモーキーでクセが強いものまでいろいろあります。
代表銘柄:グレンモーレンジ・グレンドロナックなど

ローランド

穏やかな気候からか、クセがあまりなく飲みやすいタイプのウィスキーが多いのが特徴。
代表銘柄:オーヘントッシャン・グレンキンチーなど

アイランズ

アイラ島以外の、スコットランドの北岸から西岸にかけて点在する島々の総称です。島育ちの複雑な香りや個性が特徴的です。
代表銘柄:タリスカー・ハイランドパークなど

アイラ

ピート香や潮の香りが特徴的で、よく正露丸や消毒液に例えられます。独特なクセがあるため好き嫌いが別れます。
代表銘柄:ラフロイグ・アードベッグなど
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS