ライター : 白江 和子

管理栄養士

関西在住の主婦です。専門的な話題もわかりやすく、また楽しくお届けできるように頑張ります!よろしくお願いいたします。

「屋台メニュー」は太る?

学校も夏休みに入り、夏祭りや花火大会など、楽しいイベントが目白押しの方も多いのではないでしょうか?「屋台の食べ歩きはしたいけれど、ダイエット中だし……。」なんてことを考えていると、楽しさも半減してしまいますね。 今回は、管理栄養士が勧める、太りにくい「屋台メニュー」とその食べ方を参考に、夏を楽しんでくださいね♪

太りにくい「屋台メニュー」6選

1. きゅうりの一本漬け

Photo by 前田 未希

約15kcal
まずは、「きゅうりの一本漬け」。1本なんと約15kcalです。きゅうりは、代謝を高め、脂肪を排出する効果が期待でき、ダイエット食材として注目されています。 “食事の前に生のきゅうりを1本食べる”ダイエット法は、テレビでも紹介されていましたね。屋台グルメを食べる際も、同様に一番初めに「きゅうりの一本漬け」を食べましょう。空腹感も軽減されるので、食べすぎ防止にもなりますよ。

2. イカ焼き

Photo by macaroni

約290kcal
焼きそばやお好み焼きのメインメニューの代わりに「イカ焼き」がおすすめ。イカの大きさにもよりますが、一杯300gの「イカ焼き」の場合約290kcal。決して少ないとは言えないカロリーですが、よく噛むことで満腹感が得られ、この後の食べ過ぎ防止になります。 お店にもよりますが、屋台の焼きそばやお好み焼きは野菜が少ないものも多く、そのカロリーは、焼きそばが約500kcal、お好み焼きは約420kcalと言われています。「イカ焼き」をメインに屋台メニューを選んではいかがですか?

3. 焼きとうもろこし

約200kcal

「イカ焼き」同様にメインにおすすめなのが、「焼きとうもろこし」です。小さいもので約185kcal、大きいものでも約220kcal。ご飯1膳が約150kcalなので、満腹感が得られる割りにカロリーは低めです。 また、とうもろこしには、不溶性食物繊維が含まれていて、お腹の調子を整えてくれる効果も期待できます。

4. わたあめ

70∼80kcal
「やっぱり甘いものも、食べたい」という方には、「わたあめ」はいかがですか?ザラメの量にもよりますが、70~80kcalと、低カロリー。ただし、最近見かけるようになったビッグサイズの「わたあめ」は、100~150kcalを超えるものもあるのでご注意くださいね。 また“食べる順番ダイエット”では、最初に食物繊維を多く含む野菜を食べ、その後たんぱく源である肉や魚、最後に炭水化物を食べる方法を勧めています。「屋台メニュー」も同様に甘いものを食べる前に「きゅうりの一本漬け」や「イカ焼き」を食べるほうが太りにくいですよ。

5. りんご飴

Photo by aaanrin

90~170kcal
お祭りの屋台と言えば「りんご飴」。あのかわいいフォルムに惹かれて、つい買ってしまう方も多いのではないでしょうか? 「りんご飴」は、大きさにもよりますが、“アルプス乙女”のような小さめのサイズのりんごを使用したもので約90kcal、中程度の大きさは約170kcalです。ほかにもいろいろな屋台メニューを食べたい方は、小さめのサイズで我慢してくださいね♪

6. かき氷

約70kcal
暑い時期には、やはり「かき氷」は外せませんね。シロップだけの場合、1杯およそ70kcalと低め。ただし、白玉や小豆、練乳などのトッピングを加えると、カロリーはそのぶん高くなりますのでご注意ください。

工夫次第で食べ過ぎは防げます!

太りにくい「屋台メニュー」をご覧いただきました。屋台の食べ歩きは、あれこれ食べてしまいがち。たこ焼きやベビーカステラのように分けやすいものは、友達や家族とシェアすれば食べ過ぎを防げます。 せっかくのお祭りや縁日で、我慢ばかりしたくないですよね。「屋台メニュー」を上手に選んで楽しんでください。

▼こちらの記事も要チェック!

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS