おすすめの電動かき氷機ランキング5選

【第5位】ふわふわ、シャリシャリ♪ トフィー 電動かき氷器

ITEM

トフィー(Toffy)電動かき氷器

サイズ:約15.5×37cm

¥4,622〜 ※2018年07月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

こちらの電動かき氷機は、調節レバーで刃の高さを変え、ふわふわとシャリシャリの2種類の食感を楽しめるようになっています。専用の製氷カップがふたつ付属していますが、家庭用冷蔵庫の製氷皿で作ったバラ氷も使用できます。カラーはアッシュホワイト・ペールアクア・リッチブラックの3色展開です。

【第4位】業務用シェアNo.1!中部コーポレーション 電動かき氷器 アイスロボ

ITEM

中部コーポレーション 電動かき氷器 アイスロボ 初雪 最新型

サイズ:16.8×19.2×24.5cm

¥9,800〜 ※2018年07月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「中部コーポレーション」は、業務用かき氷機のシェアNo.1のメーカーです。ふわふわの本格かき氷をつくるノウハウを生かし、家庭用電動かき氷機「アイスロボ 初雪」を開発しました。お店で味わうようなふわふわ食感を、そのまま家庭で手軽に再現することができますよ。

【第3位】ハンディで扱いやすい!ふっわふっわ電動かき氷器

ITEM

IFUDO ふっわふっわ電動かき氷器

サイズ:約11×13×31.5cm(スタンド含む)

¥2,980 ※2018年07月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

ハンディタイプの電動かき氷機です。氷は製氷皿で作るバラ氷でOK。かき氷はもちろんですが、ハンディで取り回しが簡単なので、そうめんの氷やドリンクの氷など、いろんな場面でらくらく使用できます。

【第2位】新食感!台湾風かき氷も作れる!ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪かき氷器

ITEM

ドウシシャ 電動ふわふわとろ雪 かき氷器 KTY-18BK

サイズ:約14.5×20×35.5cm

¥4,950 ※2018年07月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらは「ドウシシャ」の人気かき氷機で、「とろ雪」という名のとおり、ふわふわでとろけるような食感のかき氷を作ることができます。本体のみと製氷皿つきタイプの2種類がありますが、製氷皿つきには2つの製氷皿を一度にセットできるタイプがあり、違う味のジュースなどを凍らせておけば、ひと皿で二度おいしいかき氷になります。

【第1位】レトロな見た目なのに電動!ドウシシャ 電動かき氷機

ITEM

ドウシシャ 電動 かき氷 機 本格ふわふわ 氷かき器 ブルー 2017年 モデル

サイズ:約23×19×38cm

¥4,600 ※2018年07月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

縁日で使われるようなレトロなデザインがかわいい電動かき氷機です。見た目は手動のようですが、ちゃんと電動。専用の製氷皿で氷を作り、サイドのスイッチで動きます。ふわふわ、さらさらのかき氷が楽しめ、削るときも見た目で楽しめるおすすめかき氷機です!

つめた~いかき氷で暑い夏を乗り切ろう♪

電動で手間いらずのかき氷機について紹介しました。古くからある家庭用かき氷機は基本的に手動で、しかも氷がジャリジャリ、ガリガリしてお店のようにはつくれませんでした。 でも、最近のかき氷機はハイテクです。電動で手軽に、しかもお店のようなふわふわ食感を再現することができるなんて♪ 家庭に一台あれば毎年使うことができるので、一台手元に置いてみては?古くからの日本の味・いちごシロップや宇治金時を味わったり、台湾風のジューシーなかき氷も楽しめますよ♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ