ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

業務用かき氷機の種類と比較方法

電動タイプ

電源がある場所でならボタンひとつでかんたんに、短時間でかき氷を作ることができる電動タイプのかき氷機。刃の角度を変えることもできるので、氷の食感も調節できます。 電動タイプのかき氷機を使う上でのデメリットは、部品が多く、お手入れに時間がかかることが挙げられます。また、電気を使って動くため、常に電源や電池が必要になることも扱う上で不便な点と言えます。

手動タイプ

手動タイプのかき氷機は、なんと言っても雰囲気を演出することができるアイテム。ガリガリ、しゃりしゃりと氷を削る音や、力を込めて機械のレバーを回すといった、電動タイプでは味わうことのできないTHEかき氷といった雰囲気を楽しむことができます。電源がいらないのでどこでも気軽に使うことができ、お値段も手頃なものばかりです。

電動タイプのおすすめ業務用かき氷機6選

1. 高層かき氷作成可能!「初雪 電動式ブロックアイススライサー」

ITEM

初雪 電動式ブロックアイススライサー ベイシスロングレ

サイズ:34.9×44.7×70.2cm

¥11,9500 ※2018年07月14日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

安全カバーの取り外しができ、インスタ映えを狙える高層かき氷の盛り付けがしやすい業務用かき氷機。市販のブロック氷を使うことができますが、美濃製の特製刃を使うのでふわふわの氷を削ることができますよ♪

2. 分解洗浄できる!「スワン アイススライサー&クラッシャー」

ITEM

スワン 業務用アイススライサー&クラッシャー

サイズ:30.6x42.1x42.9cm

¥97,200 ※2018年07月14日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

レバーひとつでかき氷とクラッシュアイスの切替ができる、力入らずでおいしいかき氷を楽しめる電動タイプです。電動式にありがちな部品が多いことでお手入れがしづらいという問題も、分解洗浄できることでクリア!扱いやすい電動タイプかき氷機です。

3. 粗さ調整をワンタッチで「スワン 電動式ブロックアイスシェーバー」

ITEM

スワン 電動式ブロックアイスシェーバー

サイズ:29×38.6×56.1cm

¥118,880 ※2018年07月14日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

粗さ調節をワンタッチで変えることができる電動タイプのかき氷機。業務用ですが、ベルト駆動なので音が静か、切削部は新回転カバー採用で衛生面にも考慮したデザインです。氷販売業者の氷を使用する機種で、一貫目(3.75kg)を半分にカットしたサイズの氷をのせることができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS