イタリア料理の特徴と代表料理6種!コースの順番とマナー、食べ方まで

今さら「イタリア料理とはどんな料理?」と聞かれても……と思うほど、イタリア料理は日本でも定着してしまっています。フレンチに比べるとカジュアルな印象がありますが、実は格式高いコース料理になるといろいろ決まりがあるんです!では紹介していきます。

2018年7月7日 更新

プリモ・ピアット (primo piatto)・主菜

プリモ・ピアットは主菜。サラダ、スープ、ポレンタなどからどれかが出されることが多いです。

セコンド・ピアット (secondo piatto)・主菜(第二皿)

こちらも主菜のひとつ。一般的な言葉でわかりやすくいうとメインディッシュの肉・魚料理ですね。肉か魚かのどちらかを選ぶ場合と、両方が出される場合があります。両方出される場合は魚から先に出されるのが一般的。

コントルノ (contorno)・副菜

コントルノは、主菜(セコンド・ピアット)の付け合わせ。サラダや、焼き野菜などが出されます。

ドルチェ (dolce)・デザート

食事が終わった後に登場するデザートです。お菓子を意味する「ドルチェ」が出されることもあれば、フルーツやチーズが出されることもあります。

カッフェ (caffè)・食後の飲み物

食後のコーヒーです。イタリアのコーヒーなので、ここで出されるのは基本的にエスプレッソ。

ディジェスティーヴォ (digestivo)・食後酒

最後は食後酒です。食後にゆっくり楽しむお酒で、「ディジェスティーヴォ」はイタリア語で消化を助けるもの、という意味があるのだそう。
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS