格付け方法

ワインはその重要度により第1級から第5級(グラン・クリュ)にランク付けされます。ボルドーでは、ひとつの畑を醸造所(シャトー)が所有しており、シャトーに対する格付けがワイン銘柄を特定するものになります。

人気のボルドーワイン種類と銘柄3選

1. 赤ワインだけの産地で作られた1本「シャトー フォントニル」

ITEM

シャトー フォントニル

内容量:750ml

¥4,465 ※2018年06月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

世界中のワイナリーでコンサルタントとして活躍するミシェルロラン氏が所有するシャトーで、最も力を入れている赤ワイン。フロンサックとは、ドルドーニュ川の右岸に広がるリブルネ地域に位置する村名AOCのこと。品質のいい赤ワインを多く作っていますが、コスパのいい金額で購入できるボルドーワインとして人気です。

2. 世界的人気を誇る「シャトーラネッサン」

ITEM

シャトー ラネッサン

内容量:750ml

¥3,394〜 ※2018年06月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

ボルドーの格付けが見直されれば、必ず5級のうちに入るに違いないと言われているボルドーワイン「シャトーラネッサン」。黒系果実と樽の渋みが混ざり合った風味が感じられ、良く熟した柔らかいタンニンと果実味の共演が楽しめる1本です。

3. 飲み頃を出荷「シャトー ラ・カルドンヌ」

ITEM

シャトー ラ カルドンヌ 赤

内容量:750ml

¥28,300〜 ※2018年06月21日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

17世紀からその名を残すシャトー「ラ・カルドンヌ」。1993年に広大な地下セラーが完成したことから、飲み頃になるまでセラーで熟成してから出荷することができるようになり、いつでもお手頃熟成ボルドーワインが飲めるようになりました。豊満な果実味が、スパイシーなタンニンを包み込んだ、フルーティな1本です。

パリ東南部に広がる「ブルゴーニュ」

赤ワイン、白ワイン共に有名

ボルドーワインとの違いは、ほとんどが単一品種のブドウからワインが作られる点です。世界的に有名な高級ワイン「ロマネ・コンティ」を生み出すブルゴーニュは、魅力的な赤ワインと白ワインの女王・シャルドネの故郷として知られ、赤ワイン、白ワインともに有名な産地です。

使用されるぶどうの特徴

単一種のブドウで作られるブルゴーニュワイン。白ワインには明るく澄み切った黄金色で、リンゴ、ハチミツ、柑橘類を思わせるアロマが印象的な「シャルドネ」、赤ワインには、繊細な味わいの果実やバラを思わせる「ピノ・ノワール」が全体の80%以上に使われています
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ