世界が認める「甲州ワイン」!その魅力とおすすめ5選

今回は、いま世界が注目する「甲州ワイン」についてご紹介します。国際ワインコンテスト「デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード」で金賞を受賞した「キュヴェ三澤 明野甲州」の特徴、甲州ワインの特徴、ワイナリー、おすすめの甲州ワインをご紹介します。

2018年6月27日 更新

進化する甲州ワイン

国内生産ワイン、甲州ワインとは

ワイン醸造に適した日本固有の白ブドウ品種「甲州ブドウ」。1000年以上の歴史を持つと言われる甲州ブドウは、そのほとんどが山梨県でワイン醸造用として栽培され、この甲州ブドウで造られたワインを「甲州ワイン」と呼びます。

ブドウ栽培に恵まれた気候の山梨県甲州市勝沼を中心に、甲州ワインのワイナリーは約80。いまではワイナリー見学や試飲のツアーがあるほど、ブランド力のあるワインです。

長い歴史を持つ甲州ワイン

甲州ブドウを使ったワイン造りがはじまったのが、明治時代となる1870年。日本初の国内ワインとして生産されましたが、製造技術の低さから2年で廃業。そのあと、紆余曲折しながらも今日までワイン生産は続き、それまで評価の低かったワインが「甲州ワイン」として、世界で高い評価を得るまでになりました。

いまでは世界的なワインコンクールでいくつも受賞する甲州ワイン。和食ブームも相まって、国内外を問わず和食に合うワインとして世界中で飲まれています。

世界が認める甲州ワインの特徴

1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

主婦A子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう