甲州ワインは和食と相性抜群

すっきりとした上品な味わいの甲州ワインは、和食と相性抜群。魚介類とも相性がよく、ほかのワインに比べると鉄分が少ないため、生臭さを感じやすい刺し身や魚卵も◎ 控えめのアルコールに、繊細な香りと味わいの甲州ワインが、煮物や天ぷら、おでんなどの和食をより引き立ててくれます。

国際ワインコンテストで金賞を受賞した甲州ワイン

世界が認めた「キュヴェ三澤明野甲州」

もっとも金賞を取ることが難しいと言われる、イギリスの国際ワインコンテスト「デキャンタ・ワールド・ワイン・アワード」。 2014年、このデキャンタ・ワールド・ワイン・アワードで、金賞を受賞したのが「キュヴェ三澤 明野甲州」。日本産ワインとしては初の快挙ということで、多くのニュースに取り上げられました。 受賞した「キュヴェ三澤 明野甲州」は甲州市勝沼町のワイナリー「中央葡萄酒」の甲州ワイン。醸造者は中央葡萄酒オーナーの長女、三澤彩奈さんです。世界で勝負できる甲州ワインを造るために甲州ブドウの栽培から見直し、ついに2014年、2015年、2016年と3年連続で金賞を受賞する世界の「キュヴェ三澤 明野甲州」ができあがりました。

キュヴェ三澤明野甲州の味わいと香り

栽培からこだわった、成熟度の高い甲州ブドウで造る「キュヴェ三澤明野甲州」。 香りはりんごや洋ナシなどの果実香にハーブのようなやさしい香り、かすかに香るミネラル香と複雑な印象。味わいは口中に広がるなめらかで緻密な口当たりに、さわやかな酸味の上品な味わいで、低アルコールながらも長い余韻を楽しめるワインです。

テイスティングや見学も楽しい♪ 甲州ワインおすすめワイナリー4選

1. シャトー・メルシャン

1877年、日本ではじめて誕生した民間ワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」をルーツに、歴史あるワイナリーが山梨県甲州市勝沼町にある「シャトー・メルシャン」。 ワイナリーツアーはワインのテイスティングから地下セラー(樽庫)やヴィンヤードの見学など、甲州ワインをゆっくりと楽しむための選べるコースがあります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ