世界にも認められた逸品「おたるワイン」って?厳選8種も

北海道で造られている「おたるワイン」。北海道で栽培したブドウを使い醸造したワインは、数々の賞を受賞しており、世界的にそのおいしさが認められているんですよ。今回はラインナップ豊富なおたるワインの歴史と特徴、醸造所についてご紹介します♪

2018年6月19日 更新

小樽で造られているおたるワイン!

おたるワインは、小樽市に本社がある北海道ワイン株式会社で作られているワインです。原料のブドウは、主に北海道内で栽培された生食用のブドウ。北海道の豊かな自然の中で丁寧に育てられたブドウを使っているので、果汁のおいしさをたっぷり味わうことができます。

札幌から北北東62kmの場所にある自社ワイナリーの「鶴沼ワイナリー」は、日本最大447ha(ヘクタール)という垣根式のぶどう畑。ワインに合うさまざまなブドウが栽培されています。また、道内各地の契約農家から買い取っているブドウは、糖度により価格を決定。高品質のブドウで、風味豊かなワインが造られています。

ブドウ栽培から始まるワイン造り

鶴沼ワイナリーは、1972年(昭和47年)山梨県出身の嶌村彰禧氏の直感により誕生しました。北海道の気候、風土を肌で感じた嶌村氏は、「北海道で本物のワイン造りを!」と原野を開拓。ドイツから苗木を輸入し、ドイツ人マイスターの指導を受け、豊富な品種の栽培に成功しました。

高い品質のワインは、日本のみならず世界から認められており、アジア最大級のワイン・スピリッツのコンペティション「キャセイ・パシフィック 香港インターナショナルワイン&スピリッツ・コンペティション」では金賞2ワイン、銀賞3ワイン、銅賞ワイン、「サクラアワード2018」ではゴールド2ワイン、シルバー2ワインなど、数多くの賞を受賞しています。

小樽ワインのおもなラインナップ

おたるブラン

アルコール度数11%という「おたるブラン」は、辛口の白ワイン。国産ブドウの中でも華やかな香りを持つもの、まろやかな印象を持つものなど、いくつかのブドウをブレンドして造られています。

ほどよい酸味のふっくらした味わいのワインは、卵料理や和風の煮物などにもよくマッチ。冷やし加減で香りや味の変化も楽しめます。
1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう