ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

ウイスキー角瓶とはどんなお酒?

サントリーが製造・販売するウイスキーブランドのひとつであり、日本で生産される国産のウイスキーです。 2007年の秋に放送開始された「“角ハイボール”をおいしく提供するバー」をコンセプトとしたコマーシャルによって、ウイスキーの一大ブームを起こしました。現在でもこのコマーシャルシリーズは続いており、ウイスキーを炭酸で割るハイボールは、ビールの人気と並ぶほどの定番の飲み方になっています。

ウイスキー角瓶の歴史と名前の由来

1937年(昭和12年)サントリーの前身に当たる寿屋の時代に「サントリーウヰスキー12年」として発売され、2017年で発売80周年を迎えるロングセラーの商品。独特な亀甲模様のガラス瓶と黄色いラベル、角ばった四角い形が特徴で、当時から「角瓶」「角」の愛称で親しまれていました。 1950年代には正式に「サントリー角瓶」と改称。累計および年間の販売数でも日本一のウイスキーなんですよ。

ウイスキー角瓶の味わいと価格

ウイスキー角瓶のおいしい飲み方

甘みのある香りと、深みのあるコク、ドライな飲み口が特徴のウイスキーです。アルコール度数は40%と高め。 おすすめの飲み方はなんと言っても、レモンを絞って炭酸水で割るハイボールですよね。炭酸ガスが逃げてしまうので、混ぜすぎは厳禁!ステアは軽く1回だけにするのがおいしく仕上げるコツですよ。

ウイスキー角瓶の価格とラインナップ

レギュラーボトルは内容量700ml、税別1,590円で販売されています(2018/6/15現在)。サイズ展開が豊富で、業務用としても使える4,000mlや2,700ml、1,920mlのものや、数人での使いきりに重宝する450ml、ハイボールも少し飲みたいな……という時にちょうどいい180mlのものも販売されているんですよ。

ウイスキー角瓶には「白角」もある!

「角瓶」は通称「黄角」とも呼ばれ、対した「白角」というウイスキーも販売されているんですよ。1992年(平成4年)に発売されたウイスキーで、独特な角瓶のスタイルは同じ。画像右端にあるように、ラベルやキャップが白色なんです。 すっきりとした原酒が主に使用されていて、穏やかな香りとクリアで淀みのない味わいで、キレのいいのが特徴です。過去には他にも、リッチな「黒角」や「プレミアム」も販売されていたんですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS