人類最古のお酒「蜂蜜酒(ミード)」とは?歴史や製法・おすすめ5選

甘い蜂蜜を主原料とする蜂蜜酒は、「ミード」と呼ばれるお酒です。このお酒の誕生はかなり古く、1万年以上前までさかのぼるんだとか。もっとも古いお酒について、その由来と製法、おすすめの飲み方など詳しく紹介します。

2018年6月14日 更新

蜂蜜酒の優しい甘さに癒されてみない?

蜂蜜酒とは?

蜂蜜酒は、蜂蜜を主原料とするお酒。「ミード」と呼ばれる蜂蜜酒の歴史はかなり古く、有史以前、1万4千年ほど前からあるといいます。だいたい旧石器時代にあたります。つまり、ワインやビールよりも古い「人類最古のお酒」といえます。

きっかけは、クマに荒らされた蜂の巣に溜まった雨水を狩人が飲んだことからだとか。発酵食品である蜂蜜が雨水と混ざることで偶然お酒ができたんですね。

現在の主な市場は東欧諸国・ロシアあたりですが、古くは古代ケルト・アイルランド人らが親しんでいたんだとか。

「ハネムーン」の由来にもなった?

ミードは、ハネムーンの語源でもあるんだとか。現在日本では新婚旅行を意味するハネムーンですが、古くは結婚して1か月は家に閉じこもり、蜂蜜酒を作って新郎にそれを飲ませ、子づくりに励んだんだそう。蜂蜜に強壮作用があると考えられ、また蜂が子だくさんであることにあやかって盛んに行われた風習だそうです。

1ヶ月間家に籠って蜂蜜酒を飲む、つまり「蜜月」です。

蜂蜜酒の特徴

1 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう