カップヌードル人気ランキングTOP5!過去の変わり種10商品も◎

今やインスタント麺の定番ともなっているカップ麺ですが、中でも世界初のカップ麺である日清食品「カップヌードル」に注目。その種類や、誕生秘話、気になる具材についても確認。人気ランキングトップ5と、過去に発売された変わり種10商品をご紹介します。

みんな大好き!日清カップヌードルの種類

カップ麺の大定番カップヌードルには、とってもたくさんの種類があるんです。スタンダードなものをはじめとして、ライトタイプ、リッチタイプなどに加え、ミニタイプや袋タイプなども合わせると37種類もの商品が販売されています(2018/6/1現在)。

カップヌードルの歴史

1958年、“インスタントラーメンの父”とも称される日清食品創業者・安藤百福(あんどう ももふく)氏は、チキンラーメンを開発・発売して、世界への市場拡大を狙います。

1966年にアメリカへ視察に出かけた際、チキンラーメンの試食をするスーパーのバイヤーが、チキンラーメンを小さく割ってカップに入れ、お湯を注いでフォークで食べ始めたのです。

この経験から、容器に入れてお湯を注ぐスタイルの「カップヌードル」が誕生したと言われます。

カップヌードルのカロリー・気になる具

カロリー

スタンダードなカップラーメンのカロリーは、1食77gあたり353キロカロリーです。その内訳は、麺とかやくで335キロカロリー、スープが18キロカロリーとなっています。スープのカロリーは意外と低いんですよ。

あのたまごと肉って本物?

カップヌードルに入っているあのたまごは、本物のたまごに味付けし、フリーズドライにしたもの

また“謎肉”とも呼ばれ話題にもなったお肉は、味付けした豚肉と大豆、野菜などをミンチ混合してフリーズドライ加工したものなんです。

スタンダードシリーズでは2009年から角切りチャーシュー“コロチャー”に変更されましたが、根強い人気もあり、現在ではコロチャーと謎肉が一緒に入っているんですよ。
▼過去にはこんな出来事まで……!

カップヌードルの人気商品ランキングBEST5

【5位】 トマトが合う「日清食品 カップヌードル チリトマト」

ITEM

日清 カップヌードル チリトマト ビッグ

内容量:105g×12個

¥2073〜 ※2018年5月31日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
トマトの甘みと酸味が活きたおいしいスープには、ピリッとしたチリの辛さがベストマッチ。麺に絡むスープがまたおいしいんですよね。具材にはカットトマトに、コーン、キャベツ、いんげんに加え、鶏肉を使った“白い謎肉”が使われています。
▼詳しい解説はこちら!

【4位】 再現度がすごい「日清食品 トムヤムクンヌードル」

特集

SPECIAL CONTENTS