ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

うまさ無限大!蒙古タンメンのアレンジを食べ比べ

Photo by muccinpurin

真っ赤なスープと刺激的な唐辛子の香り……。見た目からして攻撃的な蒙古タンメンは、辛さの奥に潜む痺れる旨さで、激辛好きを虜にする唯一無二のラーメンです。

一度食べたらやみつきになるその旨さは店舗だけにとどまらず、カップラーメンになり、全国の蒙古タンメンファンの激辛欲を満たしています。

そのままでも充分完成された味の蒙古タンメンに、食材をちょい足し。5種のアレンジを実際に食べ比べ、ランキングでご紹介します!辛さのその向こう側を覗いてみませんか?

5位 蒙古初心者におすすめ。「蒙古タンメン×卵豆腐」

Photo by muccinpurin

「辛そうだけど、食べてみたい!」という蒙古タンメン初心者さんにおすすめなのが、「蒙古タンメン×卵豆腐」。蒙古タンメンにはもともと豆腐(カップ麺には乾燥した豆腐)が入っていますが、ここにあえて卵豆腐をプラスします。

ポイントは、普通の豆腐ではなく卵豆腐を使うところ。普通の豆腐だと水っぽくなってしまうので、出汁の効いた卵豆腐を使うことでその問題をクリアしましょう!

卵豆腐が辛さを中和

Photo by muccinpurin

どうですか、このビジュアル。インパクト抜群でしょ? もともと豆腐が入っているせいか、あまり違和感はありません。豆腐の大きさを除いては……。

Photo by muccinpurin

食べるときにはひと思いに豆腐を崩し、しっかりとスープに溶け込ませてください。卵豆腐のまろやかさがスープになじみ、蒙古タンメンの辛さを中和してくれます。卵豆腐そのものにもボリュームがあるので、腹ペコさんにおすすめ。

蒙古タンメンの辛さは相当なものなので、まったく辛さがなくなるわけではありませんが、まずは無難な味から始めたい初心者さんにぴったりのアレンジです。

4位 トムヤムクン風「蒙古タンメン×ケチャップ×レモン」

Photo by muccinpurin

中華寄りの蒙古タンメンを、一瞬にして東南アジア風に変えるアレンジがこちら。トマトケチャップとレモン汁をプラスすれば、タイのトムヤムクン風に変身するというのですが……。 今回は手軽にトマトケチャップを使ってみましたが、生のトマトでも代用可能。お好みでアレンジしてくださいね。レモンはフレッシュではなく市販のレモン汁で十分です。

さっぱりとした味わいがいい!

Photo by muccinpurin

ケチャップの赤が加わっただけで、見た感じはほぼ変化なしですが、レモンの酸味が湯気にのって香ります。この香りがどことなくトムヤムクン風のような……。

かき混ぜてスープを飲んでみると、遠くのほうにアジアが香ります。確かに、トムヤムクン風だ……!

Photo by muccinpurin

欲を言えば、ココナッツミルクがあるともっとまろやかになったかも。とはいえ、ケチャップとレモン汁を足しただけで、蒙古タンメン感が薄れてトムヤムラーメンに変わるのは面白い発見です。 このあと、少量の砂糖とナンプラーをプラスしたところ、よりトムヤムクンに近づけることに成功。あくまで “トムヤムクン風” なので、実験感覚で楽しむ程度にはアリなアレンジです。

3位 コクまろで背徳感ある旨さ!「蒙古タンメン×バター」

Photo by muccinpurin

バターを入れれば、どんな料理もとりあえずおいしくなる。そんな不敗神話を持つ無敵のちょい足し食材、バター。 味噌バターラーメンや塩バターラーメンならわかりますが、蒙古タンメンとバターの組み合わせはちょっぴり意外ですよね。さっそく実食です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS