ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

麦茶パックを使ったおいしい麦茶の作り方

煮出し

沸騰させたお湯で煮出す方法はすこし手間がかかりますが、水出しよりも衛生的に作ることができますよ。 1. お湯を沸騰させる。麦茶のパック1袋に対して1Lが目安です。 2. 沸騰したら麦茶のパックを入れて、3分〜5分程度煮出します。 3. 火を止めてから5分ほど経ったらパックを取り出しましょう。 麦茶が完成したら、粗熱をとって冷蔵庫で保存しましょう。早く粗熱をとるために、水を張った桶にやかんごとつけておくのがおすすめ。桶のなかに氷や保冷剤をいれておくのもよいでしょう。冷蔵庫で保存する際は、別の容器に入れ替えてくださいね。

水出し

水出しは置いておくだけなので、忙しい方にもおすすめの方法です。 1. 容器に水と麦茶パックを入れます。麦茶のパック1袋に対して1Lが目安です。 2. 冷蔵庫で1〜2時間ほど冷やします。 3. お好みの濃さになったら、パックを取り出して完成。 パックを入れたままにしておくと雑味が出てしまうので、完成したら必ず取り出してください。2〜3日を目安に飲み切るようにしましょう。 煮出すよりも味が薄くなりがちですが、ひと工夫するだけで薫り高い麦茶になりますよ。方法は簡単で、浅い容器に麦茶のパックを入れてひたるくらいのお湯をかけます。1分ほど蒸らしたら保存する容器に移し替えて、水を足したあとに冷蔵庫で1〜2時間冷やしておきましょう。

麦茶パックの賞味期限

麦茶のパックは概ね12ヶ月までの賞味期限が定められていることが多いそうです。保存方法にもよりますが、中には2年間保存できるものもあるのだとか! 開封後は、ジップロックなどの密閉容器にしまって空気に触れないようにしておきましょう。賞味期限を過ぎた場合には、ときによっては麦茶に含まれる脂が酸化して異臭が出たり、風味が落ちるとも言われています。

麦茶の保存

麦茶パックを保存しておくのにおすすめの容器

ITEM

ジップロック コンテナー 保存容器 バラエティアソート 7個入

¥748 ※2018年05月14日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

麦茶のパックの保存には、しっかりと密閉ブロックしてくれるジップロックのような保存容器が必須です。コンテナ式のものから、ジップ式の袋タイプなど、どちらにしてもしっかりと密閉できるものを用意しましょう。 また、日光に当たる場所や、高温多湿になるところでの保存は品質に影響を与えますので避けましょう!

麦茶パックの入れっぱなしはNG?

濃い麦茶を飲みたい、作りたいというときに、麦茶を作った容器にパックをそのまま入れっぱなしにしている人がいるかもしれません。しかし、パックの入れっぱなしは容器内の細菌を増やす原因になることも。 煮出し、水出しで仕上げた麦茶は、味をしっかりと出したら取り出すようにすると、安心、安全に楽しむことができます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS