3. レンジで手軽に!ささみといんげんのごま和え

Photo by macaroni

時間がないときに助かる、レンジ調理のささみといんげんのごま和え。ちょっとした副菜がレンジで作れるとうれしいですよね。ささみが入るのでボリュームがありますよ。

電子レンジを使う調理では、ゆでるよりも水溶性ビタミンの損失が少なく済み、効率よく摂ることができます。また、カリウムも電子レンジを使うと流出を抑えられますよ。(※8,14)

いんげん豆の栄養を無駄なく摂ろう

いんげん豆の若さやであるさやいんげんは、食物繊維やβ-カロテン、カリウムなど、健康維持に役立つ栄養が含まれています。便秘やむくみが気になる方は、取り入れてみてはいかがでしょうか。摂りたい栄養素によって、調理の工夫をしてみてくださいね。

やわらかくゆでれば、離乳食にも使えるさやいんげん。アレルギーの心配は少ない食材ですが、初めて与えるときは体調の変化に注意しましょう。また、豆類のいんげん豆は、しっかりと加熱してやわらかくなるまで調理してくださいね。
【参考文献】
※1 八訂食品成分表2021|女子栄養大学出版部
(2021/07/19参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ