ステンレスマグカップのおすすめ5選!特徴やチタンマグも

保温性・保冷性に優れたステンレス製のマグカップ。季節を問わず使うことができ、スタイリッシュなデザインが多いことも魅力のひとつです。この記事では、おしゃれなステンレスマグカップと、ビールの季節におすすめのチタン製のカップをご紹介します。

2019年12月14日 更新

ステンレスマグカップを選ぶ時のポイントは?

保温性

強度がありサビにくいステンレスマグカップ。ほかにも多くのメリットがありますが、最大の特徴は、熱い飲みものは冷めにくく、冷たい飲みものは冷えた状態を長く保つことができるということです。

特に保温力が高いのは、ステンレス真空二重構造になっているもの。マグカップの外側と内側の間を真空にすることで、温度が移動しにくい状態になっており、アツアツの飲み物を入れたマグカップを手で持っても熱くありません。

デザイン

素地の銀色を活かしたスタイリッシュなデザインが多い、ステンレスのマグカップ。カラフルな色がついたマグカップはさほど多くありません。デザインのほか、カップ表面の絵や文字で個性が表現され、店によってはオリジナルの彫刻を入れることも可能。持ち手がステンレスのもの、樹脂のもの、フタ付きのものなどもあります。

保温力抜群のステンレスマグカップ5選

1. ホルダーは全3色!フタ付きのステンレスマグカップ「サーモス 保温マグカップ」

大人気のサーモスステンレスマグカップです。ステンレス製のマグカップ本体は魔法瓶構造になっており、飲み頃温度が長持ち。取っ手がついたホルダーは、ホワイト・ライトブルー・エスプレッソ全3色というのもポイントです。フタ付きなので、ホコリを気にすることもありません。食器洗浄機にも対応しています。

2. たっぷり入る480ml 樽型のステンレスマグカップ「ナガオ 樽型ジョッキ」

少々大きめの樽型ステンレスマグカップです。480mlのマグカップは一般的なマグカップより背が高くなっていますが、350mlの缶ビールが泡までしっかり入ります。二重構造になっているため、水滴がつきにくいのも特徴のひとつ。ステンレス製品の産地、新潟県・燕市で作られた商品です。

3. 飲み口が薄くて飲みやすいステンレスマグカップ「セブンセブン アクティブマグ」

こちらも人気のあるステンレスマグカップです。真空二重構造になっており、保温・保冷もバッチリ。飲み口が薄く、外側に広がっているので飲みやすく、フタ付きなので保温性も◎。ホコリなども気になりません。カップ本体と取っ手部は分解できるので、洗いやすいこともポイントです。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう