3. おしゃれなフォルム「エポダストホルダー」

ITEM

エポダストホルダー 三角コーナー ステンレス フタつき

サイズ:18×18×26cm、素材:18-8ステンレス

¥3,932〜 ※2018年04月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

とってもおしゃれなフォルムが特徴的なこちらのステンレス三角コーナー。シンクに置くのではなく吸盤タイプなので、シンクが窮屈になることなく使えます。サイズが小さめなので、あまりキッチンを使わない方や、ひとり暮らしの方におすすめです♪

4. 丸くてかわいい「ロレ 水切りポット」

ITEM

ロレ(rolle) キッチン用水切りポット

サイズ:14.7×16.7×13cm、素材:ABS樹脂・ポリプロピレン

¥1,296〜 ※2018年04月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

丸い形がかわいらしい、ロレのプラスチック製水切りポット。カラフルなカラーがポップで、キッチンにいろどりを与えてくれます。さりげなく斜めになった入り口部分が、物を入れやすくとても便利です!フタつきなのでにおいも広がりません。

ジャマにならない!折りたたみ式三角コーナーおすすめ3選

5. 使わない時はたためる「フィオーリア 三角ポット」

ITEM

マーナ フィオーリア たためる水切り三角ポット

サイズ:18.3×11.5×25.7cm、素材:ポロプロピレン

¥626〜 ※2018年04月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

軽い素材で、吸盤でシンクの端に取りつけるタイプの三角コーナーです。底につかないので衛生的ですし、シンクを広く使えます。使い終わったら1枚の紙のように広げて洗え、場所を取らずスッキリと片づけられます!

6. 使ったらポイ!「ポリ袋エコホルダー」

ITEM

タワー(tower) ポリ袋エコホルダーL

サイズ:15×14.5×22cm、素材:スチール・シリコン

¥1,188〜 ※2018年04月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

4つの柱にビニール袋を引っかけて使える、エコホルダーです。調理中の野菜くず入れにおすすめ。ビニール袋をその都度捨てれば衛生的ですし、使わない時はスタンドをたたんでおけば場所を取らずコンパクトに使えます。

7. パコンと閉まる「レイエ エコホルダー」

ITEM

レイエ(leye) エコホルダー

サイズ:18.2×6.3×7cm、素材:ポリプロピレン

¥1,130〜 ※2018年04月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

シンクの壁に取りつけて使える水切りホルダーです。ソフトなラバー素材になっていて簡単に開閉ができるため、においが気になりにくいのが特徴♪ 使い終わったらそのまま捨てれば、ゴミにさわることなく処分できます。

新定番!お掃除いらずの使い捨て水切り袋3選

8. シールを貼りつけ「ケミカルジャパン 穴あきゴミ袋」

ITEM

ケミカルジャパン シンクにペタッと穴あきゴミ袋 20枚

サイズ:30×25cm、素材:ポリエチレン

¥168〜 ※2018年04月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

三角コーナーを設置したくない方におすすめなのが、その都度片づけるタイプの使い捨て袋を用いる方法です。シンクにシールでペタッと貼りつけて使うのでカゴが必要ありません。シール部分の上にまな板を置けば、切った野菜くずをそのままスライドさせて袋に入れることができます!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ