ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

Today's Foodie

吉川文子/お菓子研究家
洋菓子教室「Kouglof」主宰。友人に出したお菓子が好評で、作り方を教えてほしいと言われたことがきっかけとなり、1995年に自宅でお菓子教室を始める。藤野真紀子氏、近藤冬子氏、サントス・アントワーヌ氏などに師事。1999 年「きょうの料理大賞」でお菓子部門賞を受賞。その後バターを使わないお菓子の研究を重ね、味や食感を生かす独自の技を生み出す。手軽で再現性の高いレシピに定評がある。

質を上げるための引き算

Photo by macaroni

「ずっとお菓子をつくり続けていきたいと思っているんです」

手軽でおいしいお菓子のレシピで全国のスイーツママから厚い信頼を寄せられている菓子研究家、吉川文子さん。お話を伺いはじめると、見た目どおりのほんわかとした雰囲気が一変、熱のこもった言葉が次々とあふれてきました。

特にレシピづくりにはこだわりがあるようで、「特別な道具や材料、技術が必要なく、できる限り誰でも気軽につくれるものにしたいんです」と吉川さん。そのため、レシピを考案する際は、省いていい部分と悪い部分を明確にすることを意識し、工夫を重ねているんだとか。

そんな吉川さんのキッチンは、とかく生活感が出てしまいがちな場所にもかかわらず、ショールームのそれのよう。

「狭いところにものを増やしたらより狭く見えてしまいますよね。だから余計なものは置かないようにしているんです。収納スペースは限られているので、今あるものは決定的に欠かせないものばかり」

今回はそんな吉川さんに、きびしい目で選び抜いたというお気に入りの調理器具をご紹介いただきました。省いていい部分と悪い部分を明確にした結果、どんな道具を愛用するようになったのか、注目です。

1.【包丁】木屋「コスミック団十郎」

Photo by macaroni

「コスミック団十郎」の包丁は、鋼の切れ味とステンレスのお手入れの手軽さを兼ね備えた優れもの。牛刀とペティナイフを常用しています。 切れ味は抜群で、スパッと切れます。撮影でケーキを切るときなど、ここぞというときの必需品ですね。

2.【まな板】エピキュリアン「カッティングボード グリップ付き L」

Photo by macaroni

このまな板の特徴は、見てわかるとおり、すべり止めがついているところ。他メーカーの上質なまな板と比べても安定感は抜群で、ケーキやパンをカットする時や、タルトやパイの生地を伸ばす時にはこれを使うようにしています。私のお菓子づくりには欠かせない道具のひとつですね。

ITEM

エピキュリアン「カッティングボード グリップ付き L」

¥5,940

サイズ:W367×H283×D10mm

※2018年4月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

3.【フライパン】ティファール

Photo by macaroni

テフロン加工のフライパンは消耗品と考えていて、3000円くらいのものを定期的に買い替えています。ティファールのフライパンは軽くて柄の長さもちょうどよく、コーティングも丈夫なので、信頼しています。 フライパンを買う時は、ある程度深さのあるものを選ぶようにしていて、パスタやほうれん草などのちょっとしたものはフライパンで茹でてしまいます。

ITEM

ティファール

¥4,500

サイズ:幅45.5×奥行27.4×高さ9.1cm、深さ/5.2cm、本体内径/26.8cm

※2018年4月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

4.【鍋】ストウブ「ピコ ココット ラウンド」

Photo by macaroni

ストウブ(STAUB)の鍋で煮込み料理をすると、ワンランク上の味わいに仕上がります。スープやポトフ、プリン、パン……ほかにもいろいろなものをこの鍋でつくります。 「ピコ ココット ラウンド」は見た目よりも容量があるという気がしていて、20cmのサイズで白菜1/4個くらいだったらすっぽりと収まるんですよ。

ITEM

ストウブ「ピコ ココット ラウンド」

¥16,700

サイズ:内径190x深さ90mm

※2018年4月25日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
Photos:15枚
菓子研究家の吉川文子さんがフライパンを洗っている様子。
吉川さん愛用の包丁は「コスミック団十郎」の牛刀とペティナイフ。
エピキュリアンの「カッティングボード グリップ付き L」。すべり止め付きという心憎いつくりが魅力。
ティファールのフライパンはコーティングが丈夫で手頃な価格。
ストウブの「ピコ ココット ラウンド」。吉川さんのお宅には20cmと22cmの2サイズがありました。
ボッシュの「コードレスハンディブレンダー」。コードの長さに作業を邪魔されないコードレスタイプ。
ブラウンの「マルチクイック」。シックなデザインも魅力のひとつ。
貝印の「キッチン鋏 セパレートタイプ 」。
ツインバードの「ミラーガラスオーブントースター」。
リンナイのビルトインガスオーブン。火力が強く、「お菓子がふっくら焼きあがります」と吉川さん。
パイレックスの「メジャーカップ 500ml」。耐熱性。
パナソニックのフードプロセッサー。
タイガークラウンの「ハイオープナー」。蓋を開ける時苦労してばかりの方は、ぜひひとつ。
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ