ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及は…もっとみる

お皿の収納は取り出しやすさがポイント!

お皿はとってもデリケートなもの。お気に入りの食器やセットで揃えたものが割れてしまっては危ないですし、とっても悲しいですよね。そんなお皿の収納は取り出しやすさがいちばんのポイント。収納場所を決める時には、「取り出しやすい」「しまいやすい」を考えて決めるようにしましょう。

目線より高い位置のお皿収納術!アイデア5選

吊り戸棚など、目線より高い位置の収納では、落下の危険を最小限に抑えることが大切です。何枚も重ねる収納や、取り出しにくい形のもの、重たいものを置くことは避けるようにしましょう。手が届かないくらいの、あまりにも高い位置での収納はおすすめできません。

かごを使った棚収納

手の届きにくい吊り戸棚でのお皿収納は、お皿が手から滑り落ちる危険性を考えて、かごに入れて収納する方法がおすすめです。取っ手の付いたかごを選べば取り出す時もかんたんですね。重いものは手の届きやすい位置に入れるようにしましょう。

おしゃれにこだわった目隠し収納

カントリー風のお部屋には、ラタンなどのかわいらしいかごを使った収納もおすすめ。普段使うものは目線の高さで収納しカーテンなどで目隠し。普段あまり使わないものは、かごに入れて高いところに収納します。

ディッシュラックを使った収納

吊り戸棚での食器の収納は、なるべく一番下の手が届きやすいところで抑えたいもの。ディッシュラックを使えば収納力がアップしたくさんお皿が入るようになります。スタッキングの枚数も減らすことができて、お皿にも優しい収納です。

吊り戸棚にカップだけを収納

手が届きにくい高さでのお皿収納には、取り出しやすい取っ手が欲しいところ。吊り戸棚の上段にはマグカップを収納するようにすれば、持ち手を掴んでらくらく取り出せますよ。実際にしまう時は、マグの持ち手が手前側に来るよう心がけて。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ