l字キッチンの特徴と収納アイデア5選!デッドスペースの活用法まで

l字のキッチンは収納場所が多く、壁につけてオープンキッチンにしたり、対面式にしてカウンターをテーブルとして使うこともできる多機能で優れたキッチンです。今回は、l字キッチンのメリットとデメリット、使い方のアイデアをご紹介します。

2018年11月21日 更新

l字キッチンって?

l字キッチンとは、シンク、加熱機器、調理スペースがl字型に並ぶレイアウトのキッチンのことを言います。壁に向かってキッチンを設置しダイニングテーブルを置くとオープンキッチン型のダイニングに、また最近ではl字の片方を壁付けに、片方を部屋に突き出したペニシュラ型と言われるレイアウトが流行しています。キッチンに立つ人、ダイニングにいる人とコミュニケーションをとりながら作業することができます。

l字キッチンのメリット・デメリット

l字キッチンのメリット

まず第一に、効率の良い作業空間を作ることができます。シンク、加熱機器、冷蔵庫と調理する上で大事なものの間を最短で移動することができるのが特徴。第二に、どういう風にキッチンを使いたいのかという使い方にあったレイアウトを取り入れることができ、l字の片方を外側に出すのか、壁につけておくのかでレイアウトと使い方が変わってきます。 キッチンカウンターをテーブルのように使う場合は、対面式のl字キッチンにする必要があり、壁につけておくと壁全体を収納として使うこともできるので、収納が増えるというメリットがあります。

l字キッチンのデメリット

使う人の動線(人が移動する距離やスペース)が広がるためにスペースを多く必要とします。ただしこのスペースをきちんと取ることができれば、ご夫婦や家族での料理、家事なども広々と行うことができるので、キッチンでの充実した時間を過ごすことができます。 また、l字キッチンではコーナーの部分がデッドスペースになることが懸念されます。この空間をどう使うのか、というのもl字キッチンを取り入れる上で考えなくてはならない部分です。

l字キッチンが合う間取りについて

l字キッチンは、キッチン全体を壁につけるか、l字のうちの一片をダイニング側に出すことでテーブルや広めの作業台として使うことができます。キッチン全体を壁につけることでデッドスペースが生まれることから、このスペースの使い方を考えておくことが大事です。また、他のI字やII字よりも設置には広めのスペースを必要とすることを覚えておきましょう。

l字キッチンの収納術!実例アイデア5選

1. 対面キッチンのカウンターに収納をプラス

対面キッチンのカウンター部分に収納をプラスすると、キッチンとダイニング周りの収納が増え、より快適に空間を使うことができます。キッチンでいつも使うようなカップやお皿、子供が使うもの、手早く出し入れしたいものなどを置いておくと機能性豊かなキッチン収納になります。また、レシピ本や生活の中で必要になる書類などの保管場所としても適した収納場所です。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS