ライター : yunkoro

趣味は旅行と読書、そしてお昼寝。ドイツ、イギリス、鎌倉、金沢、京都が好き。最近、趣味に、一眼レフとカフェ巡りを追加すべく、ちょこちょこ活動中。

使いやすいキッチンてどんなキッチン?

限られた収納スペースを活かす

使いやすいキッチンとは、一体どのようなレイアウトのことを言うのでしょうか。用具の使いやすさ?動線?レイアウト?もちろん、このすべてがそろっていれば、使いやすいキッチンに一歩近づきます。特に、キッチンやコンロ回りは、スペースを収納用具で活かすことで、効率よく作業を進めるような環境に整えることがポイントとなります。

「料理をすること」を想定したレイアウトが重要

キッチンやコンロ周りのレイアウトで大切なのが、「料理をすること」を想定することです。とはいうものの、スパイスや食器、用具をどのように置けばいいのか。そんな料理初心者の手助けをしてくれるのが、おしゃれキッチンのレイアウトを楽しんでいる先輩たちの知恵です。ここからは、ラックやボトルを活かした収納方法で人気の用具や手法をご紹介します。

キッチンの収納アイデア10選

1. 「mon・o・tone」の商品が人気!横型袋収納ケース

種類が豊富な袋類には、横型の袋専用収納ケースがおすすめ。キャンドゥやダイソーといった100円均一のショップで手軽に購入できるのもうれしいポイントです。中でも、「mon・o・tone」の商品が人気なので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

2. ラックでキッチン回りをすっきり!スパイスからハサミまで

使いやすさはもちろん、見た目も重要視するのなら、ラックがおすすめ。DIYでオリジナルのラックを手掛ければ、キッチンデザインのアクセントになってくれますよ。網付きフレームや、解体しやすいすのこを使って、自分だけのラックを作るのも楽しいです。

3. おしゃれなカフェの印象に!ボトルを活かした保存方法

ちょっとおしゃれにパスタは瓶に、調味料をオイルボトルに入れると、一気におしゃれ度がアップ。どこか、お店にの一角を見ている気分になりますね。木の調味料ラックにモノトーンでそろえるのがポイント!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS