「九谷焼」とは?特徴や歴史・おすすめ12選も

九谷焼というものをご存知ですか?1873年のウィーン万博をきっかけに世界に広まったのですが、その魅力を知る人はそんなにいないかもしれません。今回は、日用品から美術品まで幅が広く、世界に愛される九谷焼の魅力に迫ります。おすすめ商品も必見です!

2018年4月5日 更新

色彩豊かな九谷焼の世界へようこそ!

焼き物に詳しくない人でも一度は聞いたことのある「九谷焼」。石川県南部地方(金沢市・小松市・加賀市・能美市)で生産されている陶磁器は、色鮮やかな色彩と大胆な絵付けが魅力的です。

九谷焼には陶器と磁器の2種類があります。それぞれに性質が異なりますが、それぞれにいいところがあるというのも、九谷焼の魅力のひとつと言えるのではないでしょうか。

さらに九谷焼の最大の魅力と言えば上絵付けです。本焼きのあとに絵を付け、さらに800℃前後で焼き直します。その際、熱を加えたことで流れてできた、その模様が作品の味となり美しい仕上がりとなるんですよ。

上絵付けを九谷でしたものを「九谷焼」と呼べるというくらい、九谷焼を語るのに上絵付けは大変重要な工程であるのです。

九谷焼の歴史とは?

350年もの歴史がある九谷焼。1655年、当時有田地方で陶技を学んでいた後藤才次郎が、加賀藩の命により九谷村の地で開窯したのが始まりと言われています。100年でその窯は閉鎖となりますが、その100年の間に焼かれたものを現在では「古九谷」と呼ばれているのです。

窯が廃窯となってから100年後、古九谷再興の動きがあり再び九谷焼の歴史が始まりました。今では、宮内庁より海外の著名人への贈答品(逸品)としてその名を轟かせています。

九谷焼の特徴はいくつもある!

その1:色彩が魅力的

九谷焼の工程では、素焼きのあとの工程でおこなわれる「下絵付け」という工程があります。

「呉須(ごす)」と呼ばれる顔料で、まず線(絵)を描きます(骨描き)。そして「施釉」・「本焼き」という工程を経て「上絵付け」と呼ばれる工程に移ります。ほとんどの九谷焼がこの段階を踏んでいるんですよ♪

本焼きとは、釉薬の上に顔料で模様を描き、それを再度焼く技法を言います。九谷焼の特徴である“五彩手”は「赤・黄・緑・紫・紺青」の色彩を使っていることから、そう呼ばれています。

その2:大胆な柄の魅力にハマる

九谷焼の特徴でもある大胆な絵図柄。花鳥、山水、風物などまるで絵画のようなものを描いた作品が多くあります。

また、文様には幾何学模様などを拓みに併用した作品などもあるんですよ。あるいは、素地を色で塗りつぶした青手(塗りつぶし手)は、古九谷焼独特の作風になります♪
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikki_no

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう