2. 雀がかわいいお茶碗

ITEM

九谷焼 ご飯茶碗 山雀

サイズ:径10.5cm×高さ5.5cm

¥1,940 ※2018年03月30日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

こちらも九谷焼では代表的な図柄「山雀(やまがら)」。小鳥をモチーフにした図柄は、九谷焼ファンから大変人気があります。山雀は「万人が福を持って集う」という吉祥の想いが込められていて大変演技のいいデザインなんですよ♪使うだけでなんだかハッピーになれそう。

3. プレゼントに最適!夫婦茶碗

ITEM

夫婦茶碗 華釉椿 ペア

サイズ:(青椿)直径112mm×高さ62mm、(桃色椿)直径:108mm×高さ55mm

¥10,800〜 ※2018年03月30日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

退職祝いやお誕生日祝いとして、夫婦茶碗を贈る人もいるのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのがこちらの茶碗セット。ざらりとした触感の外側に、内側には加賀の大名が愛したとされる椿の絵が施された作品です。毎日使うお茶碗だからこそ、手触りが心地いいものを使ってほしいですよね。

九谷焼のお皿3選

4. のびやかな葉がオシャレなお皿

ITEM

九谷青窯 高祥吾 色絵遊び葉 7寸深皿

サイズ:直径21.5×高さ5.5cm

¥4,320〜 ※2018年03月30日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

九谷青窯の作品は、陶工家が図案のデザインやろくろ成型、絵付けまでひとりで陶工します。そのため、ひとりひとりの想いが詰まった作品を手にすることができますよ。こちらの作品もそのひとつ。のびやかに描かれた葉っぱ1枚1枚が力強く、食卓に彩りを添えてくれます。

5. シンプルなデザインが愛らしいお皿

ITEM

九谷青窯(くたにせいよう)徳永遊心 8寸皿 雨だれ

サイズ:直径24cm×高さ3.5cm

¥5,184〜 ※2018年03月30日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

「雨模様の平皿」がタイトルの作品です。傘を内側から覗き、雨粒が垂れる様子を描いています。九谷青窯はデザイン性が高く、新しいような九谷焼を求めたい人におすすめの窯元です。8寸皿は、メインディッシュをのせるのにもピッタリなサイズ♪

6. 花鳥風月 長方形皿

ITEM

九谷焼 9.3号 長皿揃 風花雪月

サイズ:縦11cm×横28cm

¥17,280 ※2018年03月30日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

九谷焼の特徴である、絵付けのぷくっとした盛り上がりがステキな1皿です。魚をのせてもより、いくつかの前菜をちょこっとずつのせてアンティパスト風にしてもよしの使い勝手のいいデザイン。季節問わずに使用できます。5枚セットになっているので、プレゼントなどにも最適です♪

九谷焼の小さくてかわいい豆皿3選

7. 桜の模様が浮かび上がる小皿

ITEM

九谷焼 さくら小皿(ホワイト1枚&ピンク1枚)セット

サイズ:直径10cm×高さ2.6cm

¥3,456〜 ※2018年03月30日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

九谷焼とは思えないほどのシンプルな造りと、そのデザインに思わず見惚れてしまう作品です。この小皿は、醤油や出汁など液体を注ぐと桜の花模様が浮かび上がるデザインになっています。あえて絵付けを施さない九谷焼をひと作品持っているのも、なかなかツウな感じでいいですね♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ