ライター : riku_mama

6歳のヤンチャな男子を子育て奮闘中のママです!食が細く、好き嫌いの多い息子のために日々おいしそうなレシピを模索しています。パンが大好きで、小さなパン屋の製造補助をしながらmac…もっとみる

どんなリメイク方法がある?

リメイクシート

リメイクするにあたり、一番簡単でコスト面でも安くできるのがリメイクシートを使った方法です。最近では100円均一でたくさんの種類が販売されていますね。木目調のものやレンガ調のもの、コンクリート柄のもの……。 サイズも様々なので、ご自宅の食器棚に合わせて必要枚数のリメイクシートを購入しましょう。そしてはさみカッターナイフを使ってカットしていきます。1枚貼るのに5分もかからずとっても簡単にキッチンのイメージチェンジができますよ。

ペンキ

次は初心者にはちょっぴりハードルの高いイメージのペンキを使ったリメイクです。必要であれば床やガラス扉、壁が汚れないように養生シートマスカーを使って準備しましょう。用意するものはペンキ、刷毛、サンドペーパーです。 水性のペンキは臭いも少なく、快適に作業ができますよ。すべて塗り終えて乾燥させ、サンドペーパーで研くとアンティーク調に大変身します。食器棚の大きさによりペンキはもちろん変わるのですが、刷毛やサンドペーパーを合わせても2000~3000円でリメイク可能です。 しっかり乾かすことが大切ですが、4時間ほどあれば塗膜を剥がし、ペンキを塗り、乾かす工程ができそうですよ♪

タイル

DIYでタイルを使ってリメイクする場合、シールタイプのタイルは貼るだけで時間もかからない上、簡単なのでおすすめです。正方形のものやモザイクタイルなど、種類やサイズは無数にあります。シールタイプのモザイクシールは必要に応じて、カッターナイフで切り分けましょう。 正方形にかたどられたモザイクタイルは、1枚当たり1000~1500円くらいが相場ではないでしょうか。こちらも食器棚のサイズや貼りたい場所のサイズに合わせて必要枚数を用意しましょう♪

リメイクシートを使った食器棚アレンジ5選

1. ナチュラルテイストがかわいい!レンガリメイクシート

まずは大人気のレンガ調のリメイクシートです。色味や質感の種類が豊富にあるので、お部屋やキッチンのインテリアなどに合わせて選びましょう。貼るときにはリメイクシートの端同士が違和感のない継ぎ目にすることがポイントです。

2. ヨーロッパの田舎風・木目リメイクシート

色目の濃さでキッチンの雰囲気が違ってくる木目調のリメイクシートです。濃い木目調はアンティークっぽくなる半面、こちらの白い木目はヨーロッパの田舎にありそうなイメージに!扉をわざとずらしてもそれが逆に味になりますよ♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS