上品な素朴さが魅力の「瀬戸焼」とは?おすすめ食器15選も

鎌倉時代から続く長い歴史を持った「瀬戸焼」。今回は素朴さや上品さなど、デザイン別におすすめの瀬戸焼食器をご紹介します。華やかな色合いの食器や愛らしいデザインの食器や上品な印象の食器で、あなたの食卓を風情豊かに彩ってみませんか?

瀬戸焼の1000年を超える歴史を感じよう

「瀬戸焼」とは愛知県瀬戸市周辺で作られる陶磁器の総称です。その歴史はとても古く、古墳時代から続くと言われています。釉薬(ゆうやく)をかけて焼かれているのが特徴で、その特色が見られ始めたのは鎌倉時代に入ってから。

磁器・陶器両方あり、色や形、使われる釉薬の種類もさまざま。素朴な印象のものから華やかで上品な雅さをたたえたものまで、いろいろな器があります。「瀬戸物は陶磁器の一般名詞」とも言われるほど有名な焼き物なんですよ♪

歴史

瀬戸で焼き物が始まったのは古墳時代にまで遡ると言われています。鎌倉時代に入ると釉薬をかけた焼き物が作られるようになり、「素焼き」とは異なる耐水性を持った器として重宝されました。

その後も歴史の流れの中で変化しながら、また江戸時代には苦難の時代を迎えながらも生き残り、明治時代に入ると海外にも多く輸出されるように。「made in japan」の魅力を送り出しました。

昭和に入り戦争が終わると、経済復興とともに瀬戸焼も国内外で興隆を迎え、現在わたしたちの生活に寄り添うようにしてその歴史を紡いでいます♪

素朴さが魅力◎ 瀬戸焼食器5選

1. ほっこりまあるい「ぬくもりカフェの土物一服碗」

ころんと愛らしい丸みが、食卓におだやかな雰囲気を加えてくれそうなお椀です。スープやサラダ、ごはん、スイーツなどさまざまな料理を入れて楽しめます。手にすっぽりと収まる安定感も評価大!和柄が料理をおいしく見せてくれます。

2. 角度によって虹色に映る「織部椿三つ足平鉢」

瀬戸焼の種類のなかでも、濃い緑色が趣深い織部焼の小鉢です。品の良い艶があり、見る角度によっては虹色に映ることも!器の中央に咲いた白い椿がかわいらしく、食卓のアクセントとして活用できそうです。

3. ニャンコが覗いてる!「瀬戸焼 黒ネコ 小判皿」

ITEM

瀬戸焼 黒ネコ 小判皿 (大)

サイズ:22.5×19×2cm、素材:陶器

¥1296〜 ※2018年3月24日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
こちらはメイン料理を盛り付けるお皿にぴったりな瀬戸焼の小判皿。4匹の黒ネコがトコトコと歩いている様子が愛らしく、目が合えば思わずほっこりしてしまいそうです。主張しすぎないデザインで、普段使いにもぴったりです。

4. プレゼントにも!「瀬戸焼 丸皿セット 化粧箱入り」

ITEM

瀬戸焼 現代織部 丸皿セット (化粧箱入り)

サイズ:12.5×1.7cm、素材:陶器

¥4100〜 ※2018年3月24日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
瀬戸焼の丸皿が5枚セットになった、プレゼントにもぴったりな商品です。5つの伝統的な柄を楽しむことができ、「どんな料理を盛り付けようか」と楽しくなりそう!和食器の魅力を存分に堪能できるセットです。

5. キュートさにキュン♪「緑彩ぶどうシリーズ 憩セット」

ほんわかとした雰囲気とキュートなデザインが魅力的なティーポットとカップ、コースターのセット。カップは底面が三角形になっていて、さりげなく個性を主張します。同シリーズにお皿やマグカップのセットもあるので、チェックしてみてくださいね。
▼素朴な「土瓶むし」も捨てがたい!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう