ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

1000年の歴史をもつ「瀬戸焼」の特徴

※画像はイメージです
「瀬戸焼」は愛知県瀬戸市周辺で作られる陶磁器の総称で、日本六古窯のひとつとされます。日本ではじめて、釉薬(ゆうやく)を施して焼かれた陶器として有名。

はじまりとされる鎌倉時代に、陶器を作る地域が「陶所(すえと)」と呼ばれ、それが転じて「瀬戸」の地名になったという逸話がユニークです。

室町時代までに作られたものを古瀬戸と呼び、その頃には生産拠点が岐阜の美濃に移ることから、美濃焼も瀬戸焼の流れをくむ陶器として知られています。

時代とともに変化してきた瀬戸焼の歴史

古墳時代の素焼きが起源とされる瀬戸焼

瀬戸焼は5世紀後半から、現在の名古屋市東山丘陵周辺で、素焼きの須恵器(すえき)を作っていた、古代の猿投窯(さなげよう)が起源だとされます。

付近には焼き物の原料となる粘土と、ガラスの原料となる珪砂を豊富に含む、瀬戸層群と呼ばれる地層が存在。山あいには樹木が生い茂ることから、窯業発展の礎の地となったのです。

古瀬戸以降(室町時代中期~)の瀬戸焼

鎌倉時代からの釉薬を施した古瀬戸は、庶民には縁遠い高級品でした。しかし室町時代中期から生産地が美濃に移ると、従来の穴窯から大窯へと生産法が変わり、瀬戸焼の大量生産が可能に。

桃山時代になると茶の湯が町民にも広く浸透し、それに合わせて黄瀬戸や瀬戸黒、織部などの代表的な茶陶器が生まれたとされます。

多種多様な用途に利用される現代の瀬戸焼

江戸時代に有田焼の磁器が全国に広まると、瀬戸焼は苦難の時期を迎えます。江戸後期に九州で修業していた職人が、瀬戸へ戻って磁器生産を開始すると、瀬戸焼を取り巻く環境も好転。

明治以降には陶磁器ともに欧米へ輸出されるなど、海外との交流も盛んになり、現在も食器や置物、自動車部品などに幅広く利用されています。

「瀬戸物」は瀬戸焼に由来した言葉

※画像はイメージです
一般的に陶器を「瀬戸物(せともの)」と呼びますが、古くからある「瀬戸焼」に由来していることは有名な話です。

粘土を素焼きした土器が発祥ですが、鎌倉時代に釉薬を施したものが登場すると、それが瀬戸焼の特徴に。その後の歴史のなかでさまざまに変化し、現在ではスタイルや形式を選ばない陶磁器として、世界的に知られています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS