ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

Today's Foodie

ル・コルドン・ブルー神戸校でディプロムを取得したのちに渡仏。リッツ・エスコフィエで学び、ホテル・リッツ、ブレ・シュクレなどの人気店でスタージュを経験。帰国後はフランス菓子の料理教室、アパレルブランド向けのケータリング、通信販売などを手がける。くだもの使いが巧みなケークやサブレを得意とし、素朴ながら飽きのこない、エバーグリーンな美味しいお菓子を研究する。著書に『やさしい甘さのバナナケーキ、食事にもなるキャロットケーキ』『365日のクッキー』(主婦と生活社)。

お菓子のプロが選んだ機能性。

Photo by macaroni

お菓子づくりのプロとして日々キッチンに立ちつづけている高石紀子さん。小学生の頃からお菓子作りに慣れ親しんでいたという高石さんは、一日中立って作業することをつらいと思ったことはないと言います。 とはいえ、お菓子づくりは体力も必要です。なるべく疲れずに作業ができるよう、調理器具は機能性にこだわって選んでいると言います。多少高価でも使いやすければ買うようにしているそうですが、そこにはひとつ、ルールがあるとのこと。 「使うシーンを具体的に想像できる調理器具を選ぶようにしています。長く大切に使いたいので、使い道がいくつかあって、これを買ったらあれとこれに使えるな、というイメージが浮かんだら購入します」
今回は、そんな高石さんのお菓子づくりを支え続けているという調理器具をご紹介。人気お菓子研究家ならではのアイテム選び、ぜひ参考にしてください。

1.【包丁】ミソノ 「UX10 ペティナイフ 150mm」

Photo by macaroni

ペティナイフを買おうと思って探していた時、先輩がすすめてくれたのが「ミソノ UX10」でした。150mmというサイズはコンパクトな上に何を切るにもほどよい大きさで、想像以上に使い勝手がいいんです。そしてなによりよく切れます。料理をする時は三徳を使うことが多いのですが、なにかをちょっと切ろうと思った時に、この包丁にすっと手が伸びてしまいます。

ITEM

ミソノ 「UX10 ペティナイフ 150mm」

¥10,200

刃渡り:15cm

※2018年3月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2.【鍋】ストウブ「ピコ・ココット ラウンド 22cm」

Photo by macaroni

ほかのホーロー鍋よりも焦げつきにくくて、この鍋ひとつでいろいろ調理できるところが気に入っています。重みも厚みもあって造りもしっかりしているので、ゆっくり熱が入ります。フルーツを煮てコンポートをつくる時は大抵これを使います。 炊飯に使うことも多いです。お米がふっくらとして、粒が立ちます。面倒な時は炊飯器を使うこともありますが、食べ比べたら食感のよさやおいしさの違いがはっきりとわかります。

ITEM

ストウブ「ピコ・ココット ラウンド 22cm」

¥20,412

イズ:(縦×横×高さ)284×220×147mm

※2018年3月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

3【鍋】銅手ボーズ鍋

Photo by macaroni

鍋の底が丸い形状になっているこの鍋は、カスタードなどのクリームを炊く鍋として合羽橋で購入しました。銅製の鍋は全体にムラなく熱が伝わるので、ジャムを煮る時も便利なんです。 いつも使う前にはお酢と塩で磨いて、きれいにしてから使うようにしています。酸と塩の効果で鍋肌がピカピカになるんです。手入れをすることで気持ちも整い、集中してお菓子を作れるので私はこの作業が好きです。

4.【ブレンダー】クイジナート「スマートスティックハンドブレンダー」

Photo by macaroni

ハンドブレンダーは重くてパワーがあるものより、使いたい時にさっと取り出せて、ふだん使いに十分な性能があるものを探していました。クイジナートの「スマートスティックハンドブレンダー」は、重量が軽くて、ストレスなく使えます。値段も手頃で、シンプルなデザインも気に入っています。

ITEM

クイジナート「スマートスティックハンドブレンダー」

¥10,435

サイズ:幅60x奥67x高388mm

※2018年3月26日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
Photos:14枚
高石紀子さんのプロフィール写真。
高石紀子さんが愛用している調理器具の数々。
ミソノのUX10 150mm。「ほどよいサイズで使いやすい」と高石さん
ストウブの「ピコ・ココット ラウンド」22cm。フルーツを煮たり、ごはんを炊いたり、使い所が多い品。
銅手ボーズ鍋。「鍋底の刑場が丸く、カスタードを炊いても焦がしにくいんです」と高石さん。
クイジナートの「スマートスティックハンドブレンダー」。ステンレス素材が目立つスタイリッシュなブレンダー。
同じくクイジナートの「スマートパワーハンドミキサー」
スタンドミキサーといえばこれ。キッチンエイドの「スタンドミキサー クラシック」
高石さんのお宅では、電気オーブンを2台ビルトイン。奥にある小サイズはレンジ機能付き。
ケーキづくりに欠かせないパウンド型は、フランス・マトファー社のもの。
タイガークラウンの「ウィズシリコンゴムベラ」。継ぎ目がなく、衛生的に使いやすい。
著書の撮影でも使用したというさかな型のクッキー型。
料理家・藤野真紀子さんがプロデュースしたシリーズのケーキテスター。
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS