スイーツにも!

カスタードクリームやホイップクリームで、バニラエッセンスの代わりにチョコレートリキュールを使ってチョコレート風味にしましょう。焼き菓子やスポンジ生地、ムースなどにも加えて見た目も香りもチョコレート風味に出来ます。コーヒーゼリーに加えてもおいしいですよ。和菓子でもアンコに隠し味として使えますよ。

チョコレートリキュールの選び方

内容量

リキュールのボトルの容量には、いくつかのタイプがあります。ワインボトルに近い750mlや1Lを超えるものもありますが、味が濃厚でカクテル材料などに使われ、1杯で数十mlしか使わないので、傷みやすいチョコレートリキュールは、キューティボトル(350ml)やミニボトルなど、少量のボトルを購入して、早めに使い切るのが賢明です。

ブラック&ホワイトチョコレート

チョコレートリキュールは、製品の種類によって風味とアルコール度数や容量がさまざまです。例えばチョコレートメーカーとして有名な「ゴディバ」では、アルコール度数15度で容量は750ml。芳醇でまろやかなテイストが楽しめます。サントリーの「モーツァルト」の場合は、アルコール度数は同じ15度ですが、容量はやや少なめの500mlです。厳選された素材を使ったプレミアム。食べるチョコレートと同様に「ブラックチョコレート」と「ホワイトチョコレート」があります。目的とお好みに応じて選んでください。
リキュールには明確な賞味期限はなく、アルコール度数や糖分の含有量や使っている原料によって、賞味期限は変わってきます。どのくらいで使い切れるか計算して購入する必要があります。カクテルなどは、一杯に使う量が決まっていますので、どんな頻度で何回お使いになるかを考えて、容量を選んでください。

人気チョコレートリキュール9選

1. 世界を代表する「ゴディバ チョコレート リキュール」

ITEM

ゴディバ チョコレート リキュール 15度 750ml

¥2,879

内容量:750ml 産地:アメリカ

※2018年3月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
チョコレートのメーカーとしては世界中で絶大な人気を誇る名門が「ゴディバ」です。厳選したカカオから作られた、プレミアムなチョコレートリキュールです。コーヒーやアイスクリームのソースとしてもぴったりです。

2. 天才音楽家にちなんだ「モーツァルト チョコレートクリーム」

ITEM

サントリーリキュール モーツァルト チョコレートクリーム 500ml

¥1,831

内容量:500ml 産地:オーストリア(ザルツブルク)

※2018年3月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
カカオと生クリームを贅沢に使用して、マイルドな味わいです。モーツァルト社では音に関する研究の結果、チョコレートリキュールの製造の最終工程において、特製のスピーカーでモーツァルトの音楽を流しながら製造しているそうです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS