人気!何度も使えるプラスチックコップ4選

6. オーエスケー「スヌーピー コップ 3個セット」

ITEM

OSK(オーエスケー)「スヌーピー コップ 3個セット」

¥416〜

容量:230ml サイズ:直径8×10.3×高さ6.2 材質:ポリプロピレン 耐熱温度:140度

※2021年5月6日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
公式なし、Amazon参照
3色入りのかわいいプラスチックコップです。幅広い年代から人気のあるスヌーピー柄なので家族で愛用することができます。重ねて収納できるので、キッチンにもコンパクトにおさまるのが人気の秘密です。

食器洗い機や乾燥機でのお手入れが可能で、気楽に使えるのがうれしいポイント。スヌーピー好きの方にはたまらないですね。保育園や幼稚園の通園バッグにぴったりと収まる、お子さまにちょうどいい大きさです。

7. イケア「カラース コップ」

ITEM

IKEA(イケア)「KALAS カラース コップ」

¥510〜

容量:230ml サイズ:直径8×高さ17cm 重量: 200g 材質:ポリプロピレンプラスチック

※2021年5月6日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ヨーロッパのブランド、IKEA(イケア)のプラスチックコップです。メジャーなアイテムなので、見たことがある方も多いのではないでしょうか?容量は、お子さまの水分補給にちょうどいい230ml。色はパステル調でカラフルなコップが6色入っています。ピクニックやサッカーの大会などの野外イベントにおすすめです。

電子レンジにも対応しているので、お子さまにホットミルクを飲ませたいときにも気軽に使うことができます。お手頃な価格のうえに、何度も使える耐久性があるのがうれしいポイントです。

8. プラキラ「ゆらぎタンブラー Mサイズ 5個セット」

ITEM

Plakira(プラキラ)「ゆらぎタンブラー Mサイズ 5個セット」

¥3,195〜

容量:320ml サイズ:直径8.4×高さ11.7cm 材質:飽和ポリエステル(トライタン)

※2021年5月6日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
飲み口がユニークな形をしたプラスチックコップ。洗ったあと、逆さにして乾かすときに、中に空気がこもらないように設計されています。また、1000回落としても割れないという、耐衝撃性がとてもすぐれているコップなんです。

なめらかなフォルムは、乾かすときの衛生面だけでなく、ミネラルウォーターやジュースなどを飲むときの口当たりのよさも抜群ですよ。

9. エデュテ「ベビーカップ」

ITEM

Edute(エデュテ)「BABYCUP(ベビーカップ)」

¥1,430〜

容量:50ml サイズ:直径5×高さ5cm 重量:8g 材質:ポリプロピレン 生産国:イギリス

※2021年5月6日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
赤ちゃんがはじめて使う、ファーストコップとしておすすめのプラスチックコップです。容量が50mlと小さいサイズなのはもちろん、目盛りがついているので、分量をはかりながら飲み物を注ぐことができます。また、赤ちゃんが飲み残した分量を把握することができるのもうれしいですね。

見た目もカラフルでおしゃれなので、お友達や親せきへの出産祝いのプレゼントにしても喜ばれますよ。

プラスチックコップって本当に便利!

この記事では、割れない・安い・軽い、とても便利なプラスチックコップについてご紹介してきました。使い捨てできるプラスチックコップは、後片付けが面倒なときのパーティーや野外イベントにぴったりです。また、何度でも繰り返し使えるプラスチックコップは、毎日安心して使えるような強い作りになっています。

プラスチックコップは、日々の生活がもっともっと楽しくなるようなアイテムです。ぜひ一度取り入れてみてくださいね。

※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ