おすすめ燻製器6選♪ 調理に必要な材料や詳しい使い方も

アウトドアで作るイメージの燻製。最近ではおうちの中で燻製ができる「燻製器」と言うものが出ています。煙でご近所迷惑に繋がりかねない燻製のイメージを覆す、おすすめ燻製器をご紹介します。毎日の晩酌やホムパで燻製料理を楽しみましょう♪

2018年3月26日 更新

燻製器を選ぶポイント

燻製器の深さ

室内用の燻製器はアウトドア用のものに比べて小さいので、全く同じような燻煙ができるわけではありません。ですので、燻製器の深いものを選ぶようにしましょう。そうすると燻製器の中で煙が循環でき、香り高くまろやかでおいしい燻製ができあがります。

また、熱源に近いと食材が焦げてしまいます。熱源と離してなおかつ煙がムラなく行きわたるようにするには、ある程度の深さが必要というわけです。

蓋の密閉性

自宅で燻製をするときに一番気になることが煙。ご近所さんに迷惑をかけないように密閉性がいいものを選ぶようにしましょう。燻煙器の中で煙が循環できるということは、外に出る煙の量も少なく食材のスモーキーさもアップします。

特に陶器の燻製器は、ぴったり密閉するのは極めて困難です。ですので、蓋をしてから本体部分の溝に水を張れば外に煙が出るのを防いでくれますよ♪

網目の大きさと枚数

燻製には、網目の大きさと枚数も重要なポイント!一度にたくさんの食材を燻製したい場合は大きいサイズの網を選ぶか複数枚の網を重ねられるタイプのものを選ぶようにしましょう。

また、網の大きさだけでなく網目の粗さもチェックしましょう。チーズやナッツなどの小さい食材を燻製する場合には網目の細かいものを使うのがおすすめです。食材自体のサイズや量によって、網の目の大きさや枚数を使い分けてくださいね♪
3 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう