おすすめ燻製器6選♪ 調理に必要な材料や詳しい使い方も

アウトドアで作るイメージの燻製。最近ではおうちの中で燻製ができる「燻製器」と言うものが出ています。煙でご近所迷惑に繋がりかねない燻製のイメージを覆す、おすすめ燻製器をご紹介します。毎日の晩酌やホムパで燻製料理を楽しみましょう♪

2019年12月9日 更新

燻製器の素材

金属

金属製の燻製器の特徴はまず丈夫で陶器よりも長持ちします!底が深いものは燻製器としてではなく、蒸したり炊いたりと他の調理法もできてしまう優れもの。 また見た目がオシャレなものも多く、置いておくだけでインテリアにもなりますね。大きいサイズの燻製器もありますので、たくさんのものを燻製したかったり大勢で囲むときには金属製ものがおすすめですよ。 金属の中でもステンレス製のものは錆びにくく、お手入れが簡単なのがうれしいポイント。アウトドア用としても使えますが焦げつきやすいのがマイナスポイントになっています。 また鉄製の燻製器は熱伝導がよく、強い火力で燻製器の中全体を燻してくれます。使えば使うほど味が出てきますが、錆びやすくお手入れは困難です。

陶器

陶器製の燻製器の本体の溝に水を張れば密閉性がよく、煙がほとんど出ないのが特徴。集合住宅に住んでいる方も気兼ねなく使うことができます♪割れやすいですが、価格が比較的安いので燻製初心者にはおすすめですよ。陶器製は保温性に優れているので、食材をジューシーに燻製できます。ずっしりした重みのある外見は風情がありキッチンが温かく感じますね。

燻製器を選ぶポイント

燻製器の深さ

室内用の燻製器はアウトドア用のものに比べて小さいので、全く同じような燻煙ができるわけではありません。ですので、燻製器の深いものを選ぶようにしましょう。そうすると燻製器の中で煙が循環でき、香り高くまろやかでおいしい燻製ができあがります。 また、熱源に近いと食材が焦げてしまいます。熱源と離してなおかつ煙がムラなく行きわたるようにするには、ある程度の深さが必要というわけです。

蓋の密閉性

自宅で燻製をするときに一番気になることが煙。ご近所さんに迷惑をかけないように密閉性がいいものを選ぶようにしましょう。燻煙器の中で煙が循環できるということは、外に出る煙の量も少なく食材のスモーキーさもアップします。 特に陶器の燻製器は、ぴったり密閉するのは極めて困難です。ですので、蓋をしてから本体部分の溝に水を張れば外に煙が出るのを防いでくれますよ♪

網目の大きさと枚数

燻製には、網目の大きさと枚数も重要なポイント!一度にたくさんの食材を燻製したい場合は大きいサイズの網を選ぶか複数枚の網を重ねられるタイプのものを選ぶようにしましょう。 また、網の大きさだけでなく網目の粗さもチェックしましょう。チーズやナッツなどの小さい食材を燻製する場合には網目の細かいものを使うのがおすすめです。食材自体のサイズや量によって、網の目の大きさや枚数を使い分けてくださいね♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS