日本酒の賞味期限について

タイプや種類によって違う

冒頭でも説明した通り、日本酒には賞味期限や消費期限は記載されていません。しかし、多くの酒蔵や酒販店では、製法によりおいしく飲める期間の目安を以下のように設定しています。 加熱処理が2回施された通常の日本酒の場合、製造年月から1年間程度をおいしく飲める期間とされています。また、生酒や生貯蔵酒など1度の火入れの日本酒は製造年月から6-7か月です。どちらの場合でも、開栓前の状態での保存期間で、栓を開けたらできるだけ早く飲み切るか、冷蔵庫に小分けして密閉状態で保管するようにします。

熟成期間によって味わいが変わる!

日本酒は一般的に絞りたてがおいしく、生酒であればフレッシュな味わいが好まれます。しかし、長期熟成酒という日本酒のファンもいます。長期熟成種の定義は、「満3年以上蔵元で熟成させた、増醸酒を除く日本酒」で、独特の風味と色合いが特徴です。 長期熟成酒は通常の日本酒を長期保管するのではなく、始めから長期熟成を前提として醸造される場合が多く、また貯蔵環境も特殊な温度管理や保管場所でおこなわれています。そのため、買ってきた日本酒を家庭で放置しておいても、味の劣化が起こるだけで長期熟成酒のうまさは引き出せません。

旨いうちにうまい酒を!

いかがでしたか?賞味期限がないことといつまでもおいしく飲めることは違います。好みもありますが、生酒、火入れをした日本酒、長期熟成種はどれも違ったおいしさがあります。それぞれの、特徴を知り適切な保存をしながら、ぜひ飲み比べてみて下さい。
▼アルコールの種類別保存方法を知っておこう!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ