レギュラーコーヒーの冷凍保存

開封後、飲み切るまでに3週間以上かかるようなら冷凍庫で保存しましょう。冷凍庫で保存する場合でも、密封容器にしまうのをお忘れなく。 とはいえ、冷凍庫で保存していても安心しきってはいけません。一度挽いてしまったコーヒーの香りが保たれる期間は、冷凍保存してもせいぜい1か月です! 香りが落ちるのは仕方がないと割り切って長期保存するなら、密封容器は光も遮断できるアルミ製の袋に入れておくことをオススメします。

豆を挽いたあとの粉の保存方法は?

コーヒー豆は焙煎5日目までは、常温保存でも大丈夫です。最適な飲み頃と言われる5日後からは、密封容器に入れて冷蔵庫、または冷凍庫に入れるのがオススメ。 挽いた後の豆はできればその日の内に飲むのがベストなので、できれば、飲むたびに毎回挽くのが理想。とはいえ、お店で豆を挽いてもらう場合などもありますので、1~2回分ごとに密封袋などに小分けして、冷凍保温するとおいしさが長持ちします。 香りは残念ながら時間が経つにつれて落ちていきますが、味わいは3か月~6か月程度は保てますよ。

コーヒーをおいしいまま保存しよう♪

生鮮食品と同様に繊細な、コーヒーの保存方法をご紹介してました。コーヒーが好きなら、ぜひ買う銘柄だけでなく保存方法も注意してみてください。きっと開封したての香りや風味が、長持ちします。 コーヒー豆なら3か月程度はおいしく保存できますが、粉に挽いてもらった場合やインスタントでは1か月程度しかおいしさを保つことができません。1度開封したら、できるだけ早めに飲み切ってくださいね。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
Photos:1枚
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ